FC2ブログ

AJCC 予想

    ノコッタノコタ
        __________
      //: . :∧∧. :∧∧ . : . /\
     / /. : ( ,,・д)(д・,, ): . . ./  \
   /  /: .( : (┳っ⊂┳):): . ./    /
   /  / .  ヽ______ノ. . /    /
  /  /: . : . : . :  . : : ./    /
  / / ̄ ̄ ̄ ̄lニニl ̄ ̄ ̄ ̄\   /
  /        lニニl        \/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 普段全くTVを見ないのですが、たまたま見たんですよ、大相撲。稀勢の里が負けたやつを。
 相撲なんて全く知らないので何か言えるような知識は持ち合わせていないのですが、2日目(逸ノ城)との取り組みは、ぶつかるところまでは普通に見えたのですがその後棒立ちになってた気がしました。3日目(栃煌山)に至っては土俵前から上の空。まるで地方競馬のC級戦の10歳馬のパドックみたいな感じ。ほぼ無抵抗で負けたのも同じ感覚。引退という結果も、あの取り組みだけを見たら当然かな?と思いました(繰り返しますがわたくしヒキヲタは全く相撲を知りません。稀勢の里ファンの方がいらっしゃるならゴメンナサイ)。

 人間ですら加齢と怪我でこんなに能力が落ちるのだからサラブレッドはもっと影響が大きいでしょう。だから近年はスーパーホースはトライアルなど使わず本番1発勝負、年に3,4回しか走らないなんてことが普通になっちゃいました。つまらないですね。そういう意味では約3年で20戦して12回勝ったキタサンブラックって偉い馬だったのですね。

 先週の結果
第66回 日経新春杯
1着 グローリーヴェイズ  M.デムーロ 1人
2着 ルックトゥワイス  岩田 康誠 5人
◎ ケントオー  和田 竜二 15人7着

 旧メジロ牧場(現レイクヴィラファーム)生産のメジロラモーヌの孫でディープ産駒の1番人気グローリーヴェイズが人気に応えて中段から差し切り勝ち。うん、血統的には実に納得のできる結果です。馬券は全く納得できませんが。だってこの馬、前走の菊花賞では12番人気(5着)だったのですから。

 その人気に応えたグローリーヴェイズの真後ろをずっとマークしていたのがわたくしヒキヲタの本命ケントオー。最後の直線で内からグングン伸びてきて、フジの実況で『内からなんとケントオーも来ている!』と言われたときはそりゃときめきましたよ。3着なら十分ある!と。
 でも止まっちゃいました。というか、グングン伸びて数頭抜かして、馬が「今日の仕事はここまで」と、頑張るのをやめたような走りでした。鞍上の和田竜二君は必死に追ってくれてはいたのですが。
 
 でも、ブービー人気の馬で興奮させてくれたので今回はOK。ケントオーについては、まだ現役を続けるなら次走1600Mの距離短縮、できれば東京あたりに出走してくれるならもう一度狙ってみようかと思ってます。

 さて本日は中山のAJCCを予想します。

 中山2200Mという舞台は特殊条件で、中央の他3場と違い切れ味不要の持久力勝負になる競馬が多発します。先週の日経新春杯と同じ頭で考えてはいけません。具体的に言えば上がり3F33秒台なんてことはまず無く、良くて35秒台、下手すると37秒台のズブズブ決着の我慢比べになります。特に今は冬場の場末なのですからなおさらです。

 さてそんな冬場の場末に何故か去年の菊花賞馬フィエールマンが出走するのですが、ディープ産駒のこの馬が1番人気の1.6倍というのを見るだけで興奮します。血統的にも時期的にも全く不向きなこの馬が、おそらくサンデーレーシングの有力な他馬との兼ね合いでここを使わざるを得ない、超危険な1倍台なのですから。2番人気のジェネラーレウーノ(3.6倍)も、前走の菊花賞の消極的な競馬で惨敗したのを見てたので買いません。その他9頭の単勝を均等買いしてもいいくらいだと思っています。

 ですが悲しいかな貧しさよ。9頭の単勝均等買いなんて贅沢はできないので、どれか1頭選ばなければ。

 ◎ 7枠9番 ショウナンバッハ

 現在9番人気の単勝58倍。43戦4勝の8歳馬、直近の勝利が何と3年2ヶ月前、その後28戦して3着2回、2着1回、あとは殆ど掲示板にも載らずという駄馬ですが、買える要素が
 ・中山2200Mに強いステイゴールド産駒
 ・中山では殆どのレースで人気より上の着順に来ている
 ・前走の中日新聞杯で12番人気2着、しかもハナ差届かなかったという激走。駄馬の心に火がついた?
 ・スポーツ新聞だとわからないでしょうし、競馬新聞でも基本は兄・姉しか載せないので知らない人多数だと思うのですが、この馬、キタサンブラックの半兄なんです(母シュガーハートが同じ)

 冬場の中山に強いステイゴールド産駒で弟がキタサンブラック、ずっとサボってばかりいたが前走久々に真面目に走ったら結構いい結果だったのに9番人気の単勝58倍・・・

 単複200円

 ここ数ヶ月、重賞はずっと人気の馬が勝っています。そろそろ大荒れがあってもいいんじゃないかな?
スポンサーサイト

日経新春杯 予想

先週の結果
スポーツニッポン賞京都金杯
1着 パクスアメリカーナ  川田 将雅 1
2着 マイスタイル  田中 勝春 5
◎ ミエノサクシード  川島 信二 11人3着
 複勝 7番 11.3倍

20190113.png

 単複200円って書いたけど、単勝しか買ってなかった・・・
単勝最終オッズ86.7倍があまりに、あまりに美味しいオッズだったから・・・久しくもらっていない大きな額のお年玉をJRAが用意してくれたんだと思って・・・
 最後の直線で青い帽子が外から来たとき、同枠の人気になってたヒーズインラブ(6番人気5着)の方に見えたんです。「はいはい人気馬決着人気馬決着」と思ったら、何とこのブログで本命にした超人気薄のミエノサクシードの名前をアナウンサーが叫んでました。正月早々壁に頭をガンガン叩きつけました。

 自分がアホであることは何十年も前から知ってたつもりでしたが、まさかこんな形で改めて突き付けられるとは。しかも新年早々。競馬の神様は残酷です。それ以上にわたくしヒキヲタは救いようのないアホです。

 さてそんな救いようのないアホの日経新春杯の予想です。
 この京都芝2400Mのハンデ戦なのですが、いくつか特徴があります。
・キンカメ産駒がメチャクチャ強い
・軽ハンデの馬は何故か苦戦する
・当たり前ですが、京都実績のある馬が強い

 今年キンカメ産駒は1頭もいませんが、キンカメ系ルーラーシップ産駒が1頭います。大外のムイトオブリガードです。でも、2番人気。来たら諦めます。
 3番目の京都実績ですが、今回ステイゴールド産駒3頭とオルフェーヴル産駒1頭、ナカヤマフェスタ産駒1頭と、ステイゴールド系が5頭出走しており人気になっているのですが、ステイゴールド系が強いのは京都3000M以上であって2400Mは合いません。この系統はコーナーを何回も廻りごちゃごちゃしても走る気持ちを失わない気の強さが特徴でして、京都2400Mのコース形態、直線部分が圧倒的に長いコースだと切れ負けします。
 同じ理由でマンハッタンカフェ産駒(2頭)も切ります。全部のマンカフェ産駒が該当するわけではないのですが、今日の2頭は前に行きたがる馬。溜めてキレるタイプではありません。

 8頭切って、残るサンデー系の出走馬は3頭。1番人気グローリーヴェイズ(父ディープ)、11番人気ロードヴァンドール(父ダイワメジャー)、最低人気ケントオー(父ダンスインザダーク)です。

 ◎ 5枠9番 ケントオー
 おらあ最低人気で勝負じゃい!
 でもね、父ダンスインザダークで京都の長距離、これで最低人気の単勝180倍なんて10年前ではあり得なかったでしょう?今ふうに例えればノーザンファーム生産、天栄で訓練された馬の新馬戦で何故か最低人気となるでしょうか。
 そりゃこの馬(7歳)の戦績をみると、ず~っとマイルで戦ってきて、ダンス産駒なのに2400Mを走るのは今日が初めて。しかも何故かハンデは55Kと思いっきり見込まれているという不利な条件が揃っていますが、逆に言えばそれだけハンディキャッパーは能力を認めているとも言えます。そしてこのレースはハンデを背負っている馬の方が走ります。

 単複200円(今日は絶対、絶対に複勝も買うぞ!!!)

 実は先日近所のスポーツクラブのタダ券をもらいまして、昨日行ったんです。数十年ぶりにプールで真面目に泳いだのですが、ものすごくしんどかったです。泳ぎ方それ自体は体が覚えていてくれたのでなんとかなったのですが、たった25メートル泳ぐだけで息はきれるし体のいたるところが悲鳴を上げるし(数十年ぶりに使う箇所だったんでしょうねえ)、割と真面目に溺れるんじゃないかと恐怖しました。それでも頑張って200Mほど泳いだら本日体がだるくてだるくて。筋肉痛は明日以降に来ると思います。とにかく持久力が驚くほど無くなっているという事実に泣きました。
 

京都金杯 予想

        |ヽ             /}
          | \,. -‐――‐--'  /
        /   <\    /ノ ヽ.
.        {    ●ヽ′   `●   }
        '.    ,. -‐-、_,. -、   //)   俺はイノシシだ
.       ヽ..__{ ○  O }-‐ //    誰が何を言おうとイノシシなんだ
.          {  `r‐く⌒ー-{r//
         l \⌒´ ̄「くゞ=ハ
            |__..二二二二.._j
            | .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: }
.          ′.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:|
         j.: .: .: .: .__.: .: .: .: .:|
         |.: .: .:/   `ヽ. .: .:{
        _,ノ .: .:/      }.: .:ヽ
        ‘ー―一       ` ‐--'

 あけましておめでとうございます。
 何がおめでたいのか未だによくわかりませんが、とにかくあけましておめでとうございます。

 みなさまは年末年始はいかがお過ごしでしたか?
 わたくしヒキヲタ、年末年始もいつもの如く何もすることがないので園田競馬に行こう!と思っていたのですが、金欠(8月以降一本も当たってなけりゃそうなりますわな)と寒さでやる気Down。さらに甥っ子姪っ子にお年玉をあげるという、分かっていたのに予定外の出費が重なって断念。結局、覚えているのはゆく年くる年を見た、ただそれだけです。紅白はここ10年以上見てません。

 あ、何か特別なことといえば、初詣のために『10枚くらい5円玉を準備したいな』と思い銀行の両替機で両替しようとしたら、スーパーマーケットのレジに置いてるみたいな50枚単位でしか両替できず(ビニールでガチガチに固めているアレです)、泣く泣く250円を全部5円玉にしたことがありました。無理せず1円玉にしたら良かったかな?でも縁起物だし・・・

 というわけでなにもない年末年始を過ごしました。いつものことだな。

 先々週の結果
第63回 有馬記念
1着 ブラストワンピース  池添 謙一 3人
2着 レイデオロ  C.ルメール 1人
3着 シュヴァルグラン  H.ボウマン 9人
◎ ミッキーロケット  O.マーフィー 8人4着

 夢は見ました。逃げたキセキを最後の直線でミッキーロケットがとらえて先頭に立ったたときは『オラ来おったぞ!!!』と一時的に心拍数が爆上がりしましたが、1秒経たずにブラストワンピースに差されました。悲しくなりました。

 それにしても、先々週の予想で、わたくしヒキヲタは答えを書いていたんですね。『ほら、グランプリ男(主に池添騎手)やグランプリホース(ステイゴールド産駒全般)ってよく言うじゃないですか』という部分。きっちり池添騎手の名前を挙げてたんですよね。それなのに1円も買わずに単勝8.9倍をみすみす逃してしまうとは。

 ことしもこんな調子でやらかし続けますが、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 さて今回は京都金杯の予想。馬単は毎年それなりの配当が続いているのですが、ここ10年単勝は最高で14.3倍。人気どころが縁起担ぎできっちり勝つのがこのレース。
 今年は単勝2倍台の馬もいて、いつもの京都金杯になる気がしないでもないのですが、どうも1頭力はあってG1でも割と人気になった馬がものすごく舐められたオッズになっているのです。
 その馬が

◎ 4枠7番 ミエノサクシード
 前日発売の現時点で単勝11番人気の68倍。2年半前の秋華賞で、前走の古馬混合1000万条件を鮮やかに勝ち上がり穴人気(7番人気、結果8着)した馬です。
 その後は主に1800M路線を辿りその後マイル路線に変更、準OPを2勝し、前々走でOPを勝利。ステイゴールド牝馬にしては珍しく息の長い競争生活を送っている(ステゴ牝馬は気性が繊細かつ狂気を孕んでおり、一度スランプに陥ったらダメになる馬が多い)馬主孝行な競走馬です。

前走は初の中山マイルで惨敗してますが、タイム差は0.4差。着順ほど負けてないのです。

 単複200円

 この馬は阪神得意なことは重々承知してます。京都金杯は過去10年で牝馬は1着1回3着2回という悲惨なデータも知っています。でもだからこそこのオッズなのでしょう。

 有馬記念こそ日本人騎手が勝ちましたが、その後のホープフルステークスも東京大賞典もデムルメデムルメ。さあ川島 信二君、7年ぶりの重賞を縁起物の金杯で掴むんだ!

 

有馬記念 予想

ec93f37e-s.jpg

 月日の経つのは早いものでもうすぐ2018年も終わります。
 ついこの前ノンコノユメがフェブラリーステークスを勝ってセン馬になったことに初めて気づいたと思っていたら、もう有馬記念です。

 みなさま今年は良い年でしたか?そうでない年でしたか?いつもと変わりありませんでしたか?

 わたくしヒキヲタ、良い年悪い年ってなんだろう、と真面目に考えてしまうほど何もしない年月を重ねてしまっておりまして、そういった感覚が衰えて麻痺していることを痛感しております。

 ただ馬券については金という間違えようのない、しかもPATでご丁寧にも年間収支がひと目で分かってしまう機能がついているおかげで良かったのか悪かったのかを確認してしまうことができまして、先日それを見て胃腸炎になりました。
 G1はNHKマイル(5月)と宝塚記念(6月)、最後に的中したのがレパードステークス(8月)。以上が2018年12月22日までの的中馬券の全て。
 サイコロ転がして、出た目の馬券を買う方が間違いなく的中率は上でしょう。オレは一体何をやっているんだ。

 だがしかし、競馬というのはあれこれ考えることこそが一番の楽しみです。
 今年もあれこれ考えて人気馬を蹴っては蹴られ返され、あれこれ考えて人気薄を買ってはスカされを繰り返してきました。この愚かしい繰り返しを延々続けていられるのが競馬の魅力なのでしょう。
 そして『アホの一念岩をも通す』ということわざがあるように、たま~にデカいのを獲れてしまう。だから穴狙いを止められないのです。

 今年の馬券収支はマイナスなんて言葉では言い尽くせないほど悲惨極まりないものでしたが、穴狙いを止めるつもりは毛頭ございません。もちろん今日の有馬記念もです。

 先週の結果
第70回 朝日杯フューチュリティステークス
1着 アドマイヤマーズ  M.デムーロ 2人
2着 クリノガウディー  藤岡 佑介 9人
3着 グランアレグリア  C.ルメール 1人

◎ ドゴール  津村 明秀 6人12着

 予想の時点でズバッと切ったグランアレグリアが3着に負けたのはいい。その点では正しかった。でも勝ったのは2番人気のアドマイヤマーズ。鞍上ミルコ。終わってみればいつもの光景(9週連続外国人ジョッキー勝利)。
 それにしても阪神芝がわからない。先々週は最後方一気の2頭で決まったのに、先週は行った行ったの決着。同じ2歳戦で同じ1600Mなのに。2着に来たクリノガウディーだって、直線だけ見たら後ろから来たように見えますが実は道中4番手でした。

 わたくしヒキヲタの本命は、希望通り後ろからだったのですが、上記の馬場状態だったのですから見せ場すらありませんでした。まあ、津村君を関西のG1で本命にしたこと自体が間違いだったんですけどね。彼も下手な騎手ではないですが、買えるのは主に関東ローカルで、そもそも関西には滅多に来ないのだから上手に乗れと要求するほうが酷な話です。

 さて本題の有馬記念。何度も書いていますが、わたくしヒキヲタはこのレースを的中させたことがありません。
 去年はミッキークイーン(11着)、一昨年はデニムアンドルビー(9着)、3年前はワンアンドオンリー(9着)。酷いものです。

 それで考えたのです。どうしてこんなに当たらないのか。そしたら、買った馬は実績はあるけど旬を過ぎたものばかりでした。要は枯れた馬ばかり買っているんですね。

 ですので今年は枯れていない馬を買います。買うんですが、気乗りしません。

◎ 6枠11番 ミッキーロケット

 宝塚記念で単勝を獲らせてくれた馬。お世話になった馬は追いかけろの鉄則に合致。秋天は距離が足りずに5着でしたが、その後のジャパンカップをパスしてこちらへ来たというローテも最高。

 でも、何故和田竜二から知らない外国人騎手に乗り替わりなんだ!!!
 その1点だけで初めはバッサリ切っていたのですが、考えをまとめるうちに「ああ、今年ってそういう年だったのね、そうですかそうですか」と、何だか諦めというか悟りというか、そんな心境に至りました。
 ほら、グランプリ男(主に池添騎手)やグランプリホース(ステイゴールド産駒全般)ってよく言うじゃないですか。今年、春秋連覇の権利があるのはこの馬だけ。その馬が単勝8番人気の20倍も付きます。

 単勝1,000円

 これが和田竜二鞍上なら10倍ブチ込んでたと思います。ファンファーレが楽しみでしょうがなかったでしょう。そう思うとレースが始まってもいないのに残念でなりません。
 そう、結果こういう年だった、という意味では私にとって最もふさわしい馬券だと思います。

 今年のブログ更新はこれで最後。次は再来週の金杯です。

 かなり早いですが、みなさま良いお年を。

朝日杯フューチュリティステークス 予想

先週の結果
第70回 阪神ジュベナイルフィリーズ
1着 ダノンファンタジー  C.デムーロ 1人
2着 クロノジェネシス  北村 友一 2人
3着 ビーチサンバ   福永 祐一 4人

◎ レッドアネモス  戸崎 圭太  6人9着

 終わってみればいつもの結果。ディープ産駒が最後方大外一気で勝つという見慣れた光景でした。そういえばデムーロ弟(C.デムーロ)の日本の初G1はこのコースの桜花賞(アユサン)だったなあ、あれも本来騎乗予定だった丸山元気騎手が土曜の落馬負傷で急遽C.デムーロに乗り替わりだったんだよなあ。

 そして2着のクロノジェネシス、惜しかったですね。鞍上北村友一君の初G1はまたもお預け。前に書きましたが、この騎手がG1を勝つのは人気のときではなく人気薄、それもとんでもない大穴で来ると信じてますので今回勝たれなくて正直ホッとしました。

 ところでわたくしヒキヲタの本命、どこ走ってたんですかね。たしか先行馬だったはずなのですが全くTVに写ってなかったみたいな気がするのですが。まるで現在の鞍上戸詐欺君の存在感みたいだ。

 やっぱり2歳G1なんてわからんという認識を改めてした上で、今日もまた同じ阪神芝1600Mの2歳G1、朝日杯です。

 たしか中山開催の頃は数少ない牡馬限定のレースだったはずなのですがいつの間にか混合戦になっており、ただ1頭出馬している牝馬(グランアレグリア)が単勝1.5倍のブッチギリの1番人気となっています。

 確かに斤量は1K軽いし、この時期だと牝馬のほうが完成が早いし、この人気もわからないでもないのですが、そもそも先週の阪ジュベに出なかった理由が気に入りません。それは鞍上C.ルメールが香港に行っており乗れなかったから。
 「じゃあ次週の朝日杯使おう。牡馬相手だってヘーキヘーキ」という陣営の意思が聞こえるようですが、いかになんでも競馬やその他14頭を舐めすぎじゃないですかねえ。

 阪神芝1600Mは差し馬天国。例えスローペースになったって直線400M以上、しかも東京と違い急坂があり後ろから届きやすいコース形態となっています。なので今日の狙いは差し馬。

 ◎ 3枠4番 ドゴール

 チャンピオンズカップも三浦に続いて津村を本命にしてますよコイツ。しかも差し馬で津村とかないわー。
 でも、グランアレグリアが圧勝した前走の東京芝1600Mの重賞で後ろから差してきたのがこの馬で上がりはメンバー最速でした。そんな馬が6番人気ながら単勝48倍。5番人気のマイネルサーパスが単勝20倍なのでものすごく過小評価されています。

 そしてなによりご時勢馬券。現在、フランスでデモの嵐が吹き荒れており『パリは燃えているか』状態です。そしてこの馬の名前はもろにかつてのフランス大統領シャルル・ド・ゴールの一部。フランスがドイツの占領から開放された後、強いフランスを作ろうとしたあの大統領です。

 単勝500円

 大層な名前を貰ったんだし、ここは決めてくれよなあ、頼むよ~
最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示