皐月賞 予想


      _, ._
 w  ( ・ω・ )  戸崎さんよぉ、オレが買った時に草生やしてくれるなや・・・
 (~)、 /   i  )
  \ ` |_/ /|
   `ー_( __ノ |
    (  `(  、ノ
wwwww_ノ`i__ノ

 先週の結果
第78回 桜花賞
1着 アーモンドアイ  C.ルメール 2人
2着 ラッキーライラック  石橋脩 1人
3着 リリーノーブル  川田将雅 3人

◎ プリモシーン  戸崎圭太 6人10着

 去年デビューした新種牡馬ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、かつてのブロードアピールの栗東ステークスを彷彿とさせるかのような「他の馬が止まって見える」鬼脚で4角最後方から大外ブン回しで17頭をゴボウ抜き。久しぶりにありえないものを見ました。そりゃルメールも「triple crown・・・」と呟いて当然ですな。

 2着だったラッキーライラック、石橋脩騎手は100点満点の騎乗をして去年までの桜花賞レコードタイ記録で走り抜けたのです。ただ今回は1頭阪神外回り1600Mの化け物がいてしまった。運が悪かったですね。オークスでも継続騎乗が決まったようで何よりです。そっちは多分勝てますよ。今の東京は20年前(テレグノシスの時代)と違って大外ブン回しが通用しなくなっちゃってますから。

 で、戸崎君。出遅れたのはいい。元々そういう馬だ。しかし何故4角で内に入った。ルメールの後ろにいたら普通に3着まではあったのに。前が壁どころか、前が大渋滞のコース取りをあんたがやって成功した試しはあるかい?君は先行してなんぼ、昔の岡部ポジションでしか勝てないだろう?岩田や内田と違い、一か八かの騎乗より大事に乗るから馬が集まる(新馬、未勝利、500万に限る)ことくらい知っているよ。だから今回も馬の気持ちに任せて大外でよかったんだよどうして色気を出した。

 いかんいかん愚痴ばかりになってしまいました。気を取り直して今日の皐月賞の予想をします。

 絶対的な存在だったダノンプレミアムがまさかの挫跖で回避。規制薬物検出(痛み止めを飲ませて無理矢理レースに出した)といい、中内田充正調教師は何をやっているんだか。
 気がつけば無敗馬はキタノコマンドールただ1頭という、2ヶ月前だったら誰も信じてくれなかったであろうメンバーで行われることになった今回の皐月賞。しかも中山芝は雨で稍重ときたもんだ。

 負けてなお強しの馬が人気になっていますが、そりゃまあその通りなんでしょうが、ここまでヘンテコなお膳立てが揃ったら穴狙いしかないじゃないですか。

 ◎ 7枠13番 ダブルシャープ
 ついこの前まで門別所属の□地だったのが、いつの間にかJRAに転入。□地時代に昨日重賞を勝ったタワーオブロンドンを破って札幌の2歳OPを勝った実績のある馬が単勝14番人気の130倍。

 でも、今回は実績とか血統とかオッズとかそんなのではないのです。

 今を遡ること19年前の今日、後にG17勝馬となるテイエムオペラオーが若い騎手を背に初めて勝ったのがこの皐月賞。その時2番人気3着だったのが、生きていればサッカーボーイ系は途絶えなかったであろうナリタトップロードで、その時の鞍上が当時G1未勝利で、結局ナリタトップロードで菊花賞を勝たせてもらっただけで引退したとある騎手。

 テイエムオペラオーに騎乗していた若い騎手というのが本日ダブルシャープに騎乗する和田 竜二騎手。ナリタトップロードで菊花賞を勝たせてもらっただけで引退したとある騎手というのがダブルシャープのJRA転入先である渡辺 薫彦調教師。

 この組み合わせで皐月賞。ドラマがあるじゃないですか。

 単複500円

 ちなみに血統、祖母レールデユタンでピンときた方はかなりの血統マニアか古株の競馬オヤジ。そう、メジロブライトの母がレールデユタン。ダブルシャープはメジロブライトの甥にあたります。叔父も皐月賞は1番人気4着。人と血統の無念が奇跡を起こすか、楽しみです。
スポンサーサイト

桜花賞 予想

         ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;
        ;ヾ ;ヾ ;ヾ";ヾ;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ
       ;ヾ.;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ ';ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ"゙
    ""ヾ゙;ヾ〃;ヾ ;ヾ゙;ヾ ;ヾ ;ヾ"〃ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ
  "';ヾ;ヾ ;ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;//;ヾ;ヾ〃゙;ヾ ;ヾ;ヾ"
   """;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ"
  ""ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ ゙;ヾ〃ミヾ ;ヾ゙;ヾ ;ヾ 〃;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ
     ;ヾ ;ヾ 〃;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ"
     "" ;ヾ ;ヾ゙ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ"゙ "iヾ;ヾ;ヾ" ゙ヾ;ヾ;ヾ"
        ""   'ヾ;ヾ" || l | ゙|/;ヾ"     "
             "   |l i  l゙l|
,,,,   ",,,," ,,, " ∧ ∧ ,,, |l | ゙ || '' ,, "  " ,, < 春だゴルァ!!
         ( ゚Д゚)∬ ノノ 从ヾ ヽ、   ,,, ''
 '' ` ` / @(_)旦.   /
     /         /    ''''     ""
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 先週ものすごく暖かく桜が満開、そして昨日から超寒の戻りで寒くてしょうがない本日、みなさま元気でお過ごしでしょうか。

 わたくしヒキヲタ、こんなこともあろうかと灯油ファンヒーターを仕舞わずにおいていたので昨日から灯油をガンガン焚いて暖を取っております。

 それにしても今年は鼻炎が酷い。スギ花粉はとっくにピークを越えたのにヒノキ花粉とPM2.5が同時に襲いかかってきているので未だにティッシュを丸めて鼻に詰めています。某大陸国家や某半島ええかげんにせえや。

 先週の結果
第62回 大阪杯
1着 スワーヴリチャード  M.デムーロ 1人
2着 ペルシアンナイト  福永祐一 6人
3着 アルアイン  川田将雅 2人

◎ メートルダール 松山弘平  14人10着

 もう何回同じことを言ったか憶えてませんが、M.デムーロ凄すぎィ!!コーナー通過順が15ー15-2-2というまるで園田のような向正面マクリ一発。それで最後まで持たせるんだからデムーロマジックここに極まれり、というものです。ダート1800Mの500万条件戦なら同じような光景(そして最後はほぼ必ず垂れる)を見ることもあるのですが、それをG1の大一番で1番人気でやってのけて勝たせるとは。日本人騎手に限らず誰も手も足も出ないでしょう。

 わたくしヒキヲタの本命は松山弘平君が腹をくくって後ろからの騎乗に徹していました。そして最後の直線、スワーヴリチャードがゴールしたころにすごい勢いで外から突っ込んできてはいましたが時すでに遅すぎ。まあG1馬2頭には先着しましたが私のお金は還って来ません。泣けるぜ。

 さて本日はクラシック第1弾桜花賞。
 1番人気は去年の最優秀2歳牝馬にしてメンバー唯一のG1勝ち馬にして前哨戦を圧勝して無傷の4連勝にして新種牡馬オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが単勝2倍。そりゃ当然の人気ですわな。20年以上勝ち馬が出ていない1枠1番に入ったのですが、コイツ先行馬だし近くに競りかけてくるような馬もいないし、スタート後すぐに不利をうけるというのは無さそうなので別に気にしなくてもいいと思います。

 でも買わない。なぜかって?コイツが勝った阪神ジュベナイルの回顧でわたくしヒキヲタはこう書いたのです。『この先桜花賞は取りこぼし(桜花賞ってそういうレース)オークス、秋華賞は勝つんじゃないかと想像してます』と。今までメジャーエンブレムが、ソウルスターリングが、同じような戦績で挑んでは負けています。3度めの正直で今日は勝つかもしれません。でも、2度あることは3度あるで、歴史は繰り返すかもしれません。そもそも穴狙いのスタンスなので、まずは歴史は繰り返す方に賭けます。

 じゃあ何買うの?これが難しい。ラッキーライラック以外は帯に短し襷に長しのメンバー。2頭ほど人気の馬がいますが、どちらも買えない理由をいくつか抱えています。

 そもそもこの時期の3歳牝馬限定戦なので、本当ならパドックや返し馬を見ないと買えないのです。調教がよくても突然フケが出る(牝馬の発情)ことがままありますし、去年のレーヌミノルみたいに返し馬で抜群によく見せる馬もいますから。

 でも文字に起こす事前予想故、そんなの待っていられません。なのでエイヤア!の適当な予想なのを御了承下さい。

◎ 7枠15番 プリモシーン

 1月の重賞3連勝の勢いは何処へ行ったのか、ここ数ヶ月は騎乗するたび『戸詐欺wwwwwwwwwwww』と草を生やされる(嗤われるのネットスラングが草生える、なんです。wwのところが草ですね)戸崎 圭太騎手を敢えて本命。だって桜花賞をすでに4勝しているディープ産駒だし、ノーザンファーム生産だし、今年に入って+8Kで重賞勝ってるし。それで単勝7番人気の25倍は舐められすぎだと思うのです。
 先週のサトノダイヤモンドみたいに牡馬の有力馬に騎乗した時の戸崎騎手は戸詐欺ゾーンに入り草を生い茂らせることが多いですが、こと牝馬については我が愛馬ストレイトガールの主戦を永らく努め4回も獲らせてもらったので悪いイメージがありません。

 単複500円

 昨日の阪神競馬場、すでに桜は散ってました。今日それをどう実況するのか、密かに楽しみにしています。

大阪杯 予想

     ∧_∧
    彡    丶
   彡  ● ●
   彡 (    |
   彡  丶  |
   /   ( o o)
  /  | | ノ ̄ |
  (__| |丶丶| |
 と__|-|ノノ |-|

 他のレースはともかく、ドバイターフも勝てないとは思ってなかった・・・

 昨日の夜中、ドバイWCデーでグリーンチャンネルが無料開放されていたので見てました。ダートのレースはハナっから勝てないと思ってましたし、2410Mのシーマクラシックも勝ち切るのは厳しいと予想していましたが、まさかワンターンの芝1800Mのドバイターフでも勝てないとは(2・3・4・6・7着)。
 世界は厳しい。改めてそう感じました。ジェンティルドンナやジャスタウェイやオルフェーヴルは本当に、本当に強かったんだなあ。

 先週の結果
第48回 高松宮記念
1着 ファインニードル  川田将雅 2人
2着 レッツゴードンキ  岩田康誠 3人
3着 ナックビーナス  三浦皇成 10人

◎ シャイニングレイ  北村友一 8人12着

 今回から馬主名をダーレー→ゴドルフィンに変更し、勝負服も海外競馬でしょっちゅう見かけるゴドルフィンブルーになったダーレー・ジャパン生産馬が遂に日本のG1を初勝利。日本の騎手である川田騎手で。時代の潮目なのかもしれません。
 まあ、今回は普通に走ればファインニードルというくらい状態はよかったらしいです。そんなことより2着のレッツゴードンキってすごくないですか?G1(桜花賞)1勝、2着が何と5回。地方や海外にまで打って出て結果を残す熟女(キャリアウーマンって言ったほうがいいのかな?でもここ数年めっきりこんな単語聞かなくなったから・・・)の鏡。24戦3勝と実に勝ちきれない現代のシルバーコレクター。それでもめげずに一生懸命走るから一定の人気を集めるのでしょう。ご立派。

 それに引き換え我が本命、何処走っとったんや。いや後ろの方だったのは見てたし、直線で外から一瞬だけ『お?』という脚をみせてはいたんですけどね。やはりディープ産駒にスプリントレースを期待するのは無謀でした。

 さて本日は、去年からG1になった大阪杯。今でも思うのですが、阪神の芝でG1するのなら、せっかく大廻りコースを作ったのだから阪神芝2400Mで実施するほうが盛り上がると思うのです。
 宝塚記念(2200M)も今日の大阪杯(2000M)も昔から使われている内廻りのコース。中山ほど顕著ではありませんがディープ産駒が苦手とする舞台です。宝塚記念は今だマリアライトの1勝だけですから。

 そんな苦手な舞台にディープ産駒4頭、ついでに不器用血統であるハーツ産駒が2頭、無論人気しています。

 ガチンコのG1で、何が何でも獲りたいと思っているなら勝てるように仕上げるのでしょうが、どうもこの大阪杯、賞金が上がったG2みたいなイメージがあるんですよね。長距離馬は本番は次の春天、中距離馬は次の香港、マイラーは安田記念が目標みたいな。

 なので『このレースはG2だ』と考えることにします。そうすると何でもアリになって楽しいですから。
 
 G2の2000Mの重賞はたくさんありますが、よく穴を開ける種牡馬としてはマンハッタンカフェやネオユニヴァースなどの、普段ディープやハーツの陰に隠れがちな馬たち。そんな中でも大穴率が飛び抜けて高いのが

 ◎ 8枠16番 メートルダール
 芝2000のG2G3で大穴を提供するゼンノロブロイ産駒。前走の金鯱賞でも本命(4番人気)にしてF永君がへぐって掲示板外だったのですが、それが余程印象悪いのか現在単勝14番人気の150倍。2000Mは7戦4勝なのに人気落ちすぎ美味しすぎ。

 単複100円

 鞍上はアルアイン(現在単勝2番人気4倍)の元主戦である松山 弘平君。アッと言わせて見返してやれ!

高松宮記念 予想

先週の結果

第66回 阪神大賞典
1着 レインボーライン  岩田康誠 3人
2着 サトノクロニクル  川田将雅 4人
3着 クリンチャー  武豊 1人

 先週の予想で、『クリンチャーは単勝2倍に支持されるような馬ではないです』、『出走馬の中で一番長距離適性があるのは多分レインボーライン』としました。おお、我ながら完璧な予想ではないか。

◎ トミケンスラーヴァ 8人10着

 予想の方向性が完璧でも、全然違う馬の馬券買ってりゃそりゃ負けるわな・・・何やってんねんオレ・・・
 まあ我が本命も頑張りましたよ。先行して見せ場はあったし、3000Mの持ち時計を1.6秒も縮めたのだから。でもブービー。ハズレ。連敗がここまで続くと悔しいとすら感じなくなってきます。精神状態があぶないなあ。

 さて今回は春のG1第1弾(ていう割には今だ寒いんですが)、高松宮記念の予想をします。

 1番人気はスプリンターズステークスを連覇した、ダート血統から出た異色のスプリンターのレッドファルクスで単勝2.7倍。しかもご丁寧にレッドで赤枠に入りました。鞍上もG1仕事人Mデムーロ。この人気も当たり前です。
 意外なことに、レッドファルクス、初めて単勝が3倍を割りました。今の今まで1番人気は何回もありましたがずっと単勝3倍以上だったのです。知らなかったでしょう?私も競馬まとめサイトを見て知りました。

 ダート血統で追い込み一辺倒の脚質だから何となく当てにしづらいという先入観があったのでしょう。そしてようやく正当な評価を得た、というところでしょう。

 だがしかし、1200Mの追い込み馬なんていつなんとき前が壁になるか分かりません。ましてやフルゲートの18頭の内枠で絶対にマークされる立場、中京は直線は長いものの小回りのコース、デムーロは周りが進路を譲ってくれる騎手ではないなど不安要素もあるのです。こじつけですが。

 ただ、↑の通り中京は直線は長い(400M以上ある)ので大外ブン回しからの最後方一気が最も決まりやすいスプリントの舞台でもあります。

 なので狙うはマークされていない追い込み馬。

 ◎ 8枠16番 シャイニングレイ

 おお、スプリントレースでディープ産駒を本命にする日が来ようとは・・・
 買える理由は中京実績、1400Mでも勝てるスタミナ、そして何より腕はピカイチなのにあまりに運の無い騎手である北村友一君に巡ってきたG1奪取の機会であること。

 単複200円

 もう御託は列べません。北村友、G1ジョッキーになるんだ!

阪神大賞典 予想

20180318.jpg

 屈託した人生を歩んできた方なら同意していただけると思うのですが、鬱がひどくなる季節NO.1はこの時期です。進級進学、就職昇進、退職や定年といった節目がだいたいこの時期に集中していて、周りの世界が新たな一歩を踏み出そうとしている中、全く何も変わらないダラダラな人生を送り続けていていいかな、なんて殊勝なことを考えてしまうからです。

 引き篭もりもプロフェッショナルになると『世間は世間、オレはオレ』と解脱するらしいのですが、私は残念ながらそこまで到達していません。

 でも世の中そんなに割り切れる人が多いわけがなく(ていうか割り切れる人なんて極少数)、同じような悩みを持った人々は「呑まないとやっていられるか!」となります。

 そんな切ない世情を風刺するのが↑の画像。初めてみた時爆笑しました。何でも”ストロングゼロ文学”なるものがネットを席巻していてその一部なんだとか。

 さらにストロングゼロ文学でググると

 ・むかしむかし、あるところで、おじいさんとおばあさんが飲んでいました。 おじいさんは山でストロングゼロ。 おばあさんは川でストロングゼロ。 おばあさんが川で贅沢をしていると、 大きな物が、どんぶらこどんぶらこ、と流れてきました。 おじいさんでした。(児童文学編)

 ・メロスには政治が分からぬ。メロスは村の無職である。笛を吹き、ストロングゼロを飲み暮らしてきた。
 ・吾輩は下戸である。記憶はほぼ無い(文豪編 )

 世の中天才が多いなあと感心しました。

 なお、わたくしヒキヲタは下戸ではないのですが胃腸が極端に弱く、気持ちよく酔っ払って赤くなる前に胃腸がでんぐり返って青くなって吐きそうになってしまう悲しい体質なんです。なのでグイグイ呑める人が羨ましいです。

 先週の結果
第54回 金鯱賞GⅡ
1着 スワーヴリチャード  M.デムーロ 1人
2着 サトノノブレス  幸英明 8人
3着 サトノダイヤモンド  C.ルメール 2人

◎ メートルダール F永Y一 4人8着(ブービー)

 おいゴルァ(有力馬から)降りろテメエ免許(騎手免許)もってんのかこの野郎!
 ホントにF永君は私が買うと来ませんねえ。どうやって私が馬券を買ったことを知ったのか、とあらぬ疑いをかけたくなるほど徹頭徹尾来ません。それにしてもどうしてこんなダメな子に有力馬が集まるのか。エージェント制度は撤廃すべきだと思うのですがいかがでしょう。

 レースの方は1番人気の4歳馬スワーヴリチャードがデムーロのおかげで辛勝。あれ、デムーロでなかったら多分人気薄のラビット逃げ馬サトノノブレスにまんまと逃げ切られていたと思います。差し馬のはずが何故か2番手だったのもデムーロがレースは超スローペースだと判断してのものでしょうから。
 これで今年の古馬G1を走るための本賞金はゲットできたのですから御の字でしょう。変なクセが付いてしまったかもしれませんが。

 さて本日は阪神の阪神大賞典を予想します。
 
 1番人気は去年の菊花賞2着、今年2月の京都記念でG1勝ち馬4頭を纏めてなぎ倒したクリンチャー。何故かずっとコンビを組んでいた藤岡兄からTYへ乗り替わり(クリンチャーに関しては藤岡兄は神騎乗してたのに。可哀想に・・・)で何と単勝2倍。
 確かに前走の京都記念は強かったですが、この馬は単勝2倍に支持されるような馬ではないです。他のメンツがあまりにしょぼすぎる、11頭の出走馬中5頭が7歳以上の老人会競争とはいえ、それでも異常に人気を集めすぎています。しかも今日は良馬場ですよ?

 出走馬の中で一番長距離適性があるのは多分レインボーライン(3番人気)。単勝オッズ5・4倍を美味しいと見るか否か。わたくしヒキヲタはお金がないのでもっとドギツい穴で夢を見ることにします。

◎ 1枠1番 トミケンスラーヴァ

 阪神の3000M競争で8歳馬の父タイキシャトル母父デヒアの馬を買うなんて血統論者失格ですが、どういうわけか長距離で実績があるのだから仕方ありません。また、タイキシャトル産駒の穴の法則に『1枠に入ったら買え』っていうのがあるのです。
 鞍上も手のあった秋山騎手に戻り、実績は有るのに8番人気の単勝50倍。他の馬と違い、これに勝たないと春天に出走できない、言い方を変えると本気で勝ちに来ているはずなのです。

 単複200円

 もうすぐ春分なのに我が馬券は今だ一本も当たらず極寒。助けて~

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示