日本ダービーは10R・目黒記念は12Rです


 今年も来ましたダービーウィーク。例によって東京11Rの柴田善臣相談役の単勝が売れているんだろうなあと思ったら、今のところ全然売れていない。IPATだと赤字で注意書きが出るから間違えた人が少ないのでしょうが、明日はきっと飛ぶように売れてしまうでしょう。皆様ご注意を。

 で、予想の前に先週の結果なのですが、わたくし、1人の騎手の見方が変わりました。その騎手の名前は松岡正海。イメージとしては



 オークス前

 
          ,  -‐- 、             
        /,ィ形斗‐''' ´  ̄`''‐- 、
       //ミ/─-   _      ヽ   
     , - 、!({ミ//`ヽ  - 、`ヽ     ヽ
    / 、ヽ⊂!´/         ヽ ヽ   「i「i}i、    チョリーッス
  /冫┐ i'´.l   '´゙   "ヽ    ゙ー、,,{  ノ
   ̄  l  l l   ⊂         ーゝ 'ヽ、
        !  l ',  ,r            /ヽ  \
       l  ヾ,、 `''' ─ '      / -‐、‐ヽ   >
      t     /` ー- 、___,ォュ'´    ヽ、  /
         ` ー-!    、`ーi 「´      , -‐'´
          ` ー- 、l  l」     <
                  ヽ       ヽ



 オークス後

       _..、                 _____,,,,,,,,,,,,,,_
   .,,ノ゛  ゙'-、  ._,.. -‐''''';;;;二_;;___;;,゙,,,_ /´,゙ミ''''ー 、_
 .,'二........、,―''" ^_,二ニ―ー''''''''――ー-....二''ー ,,,,.'"   ミ゙'-..,,
    .,..-''゙,、-'''"゛  ――――-        ゙゙'';;i、`''-,,;;;;;;、  `''-、
`"'''7'゙ / ...-ー''                   ,./ ´       .''''''''ニ.._ ヽ,
ー./ ,゙,, ''゛  ̄,, -―''-、'''^^^^"''''''― ,,  ,i′     /       ´゙''' \
_l゛','´  ,, -'"       ヽ .ー ..,,、     /   .__,./             `''-,ヽ
.,i'" ... .,'    '''ー ,,.  .l .、  ,..―''''゙´   :'"゛             ゙',..l.
゙/´  . l   /   . l   l  .`゙,/       ',、`゙゙'=;;;;-- ..、       ..l,:.l,
′    ヽ  、 ./ ゙゛ :!   ゝ''''"          ゙'. 、、  `゙゙''、 ゙',          ゙',,〉
  .'r,_ ,-.l  :.!:_,.l、             ___,..  .!|'''゙‐'- ,,′: ヽ. ′   :::::i   .!
゙'';; / " !                ,/゛     ゙'-、:” ノ `'i;:::ヽ\  /    l
´ _,,........ノ'-_、 ;:;:;:;:       : ,,'          `''-,,, "::.::.ヽ ', ゛    /
/ .r      .`゛;:;:;:;:        ,!         :-.....,,,,,,,,,゙,r‐‐ : ´      /
 ./    ./"゛ : : :         i′         /           / ,!
./     .,'              !         : "           i':-,゙´  /
     ′             !                   |” '/゙''゙ヽ
     l     i           ,'                   l,へ
     `     .l          │               、__,,,,_、    .l
./゛           ',.-、                    ゙'-、 .´.__._,,,./
:              ′ \         '''ー-i;;--ニ二二'ー 、二../
、            /    \               `''ー.,゙゙'‐.,゙‐''゙‐'゙
:\,       .',  、     ヽ           `'-..,_   `゛ .,!'´
::.::.: \      .|  .ヽ、  : ヽ             : `''-... ノ
:::.::.   \   /     `'-、:: : :::ヽ.       : ::.::./
      ゙''-、...、  : : : : :;:`-、.:::::ヽ       /
     .,..‐'', /: .;:゙''、.    : ;:;:;:.フ'-..ヽ   ._,, '"
   .,/:: :  l.;:  ;:;:;:|    : .,ノ゙'、    ゙゙̄´
 /     /  ;: : ;:;:..l   . /  :;::ヽ
. ゙      ゛       : ゛   `     :
 『勝負』と心のなかで思ったならッ!その時スデに行動しているんだッ!


 
 これくらいイメージが変わりました。

 力は明らかに2枚は劣る9番人気のアイスフォーリスに乗ってのレース。スタートを決めた松岡騎手、ここから彼の戦いが始まります。

 まず、内ラチピッタリに寄せる。そして、1コーナー手前で前に付いて行かないという選択をします。この時点ではスローなのかハイなのか分からないので、ここで博打に打って出ています。

 1000Mが59.1というハイペース、行きたがったりポジション取りにせかせかしている17頭を尻目に、ひたすら折り合いに専念。でも、内ラチ沿いのコース取りは絶対に変えない。リズムを崩さない。馬の走りたいように走らせつつ、最短距離を突き進みます。

 3コーナーから4コーナにかけて、先行している馬を交わすため馬4頭分だけ外へ進路を変える。ここも博打で、本来ならばそのまま内ラチべったりでコーナーを廻って、直線で進路が開くのを待つのがセオリーなのですが、ジョッキーみんなが内有利と分かっているので内ラチに殺到、結果進路が開かずにどん詰まりという事故が多発している東京競馬場。ここで距離ロスをしてもポジション取りに行った松岡騎手。レース映像を見たのですが、この判断があと0.5秒遅かったら外からアイムユアーズに被せられて終わりになっているところでした。

 そして最後の直線。先行勢が内ラチ沿いにタレていき、内ラチの進路が開いた瞬間に再び内ラチに進路変更。TVの映像だと斜行してるんじゃないかと見えてしまうくらい強引に内に向かって突進。ここでアイスフォーリスを最高速度まで上げています。

 ゴール前、桜花賞1,2着馬には交わされたものの、桜花賞3着だったアイムユアーズとウイリアムズ騎手をハナ差押さえて3位入線。審議も何もなかったのでそのまま確定。

 いやあ痺れました。最後は交わされたんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、何とか残してくれました。ハイペースと踏んで前に行かず、距離ロスを嫌って内ラチ追走、スタミナ温存のため折り合いに専念、ポジション取りのため進路変更、再び内ラチ沿いを走るために敢えて早仕掛け。アイスフォーリスの上がり3Fが35.6に対しアイムユアーズの上がり3Fが35.9。この数字だけ見たら最後にアイスフォーリスが交わしたように見えるのですが実際は逆で、最後までアイスフォーリスと松岡騎手が交わさせなかったというのが正しい表現だと思います。

 本当に良い騎乗でした。

 第73回 優駿牝馬

1着  ジェンティルドンナ  川田将雅
2着  ヴィルシーナ    内田博幸
◎ 3着 アイスフォーリス  松岡正海

 複勝 5.6倍×500円
 (保険の馬単BOX) 馬単 19倍×100円


 ・・・これだけの神騎乗をしてくれても、上位2頭には届かなかった・・・
 この上位2頭は強い。タイムとかではなくて、上記のとおりスンゴイ騎乗をしていた馬をあっさりと交わしていくんだから。本来ならばアイスフォーリスがオークス馬だったはずです。ディープインパクトのダービーの時のインティライミと同じです。よりによってそのディープの娘が2頭とも怪物級の強さだった。アイスフォーリスはジェンティルドンナとヴィルシーナの不幸な同期生だった、と語り継がれることでしょう。大げさかな?


 さて、ここからダービーの予想なのですが、困りました。
 『ディープ産駒はマイラー説』を唱えているわたくしに、先週のオークスは大打撃でした。
 2chのスレッドに【なぜディープインパクトは種牡馬失敗したのか?】というのがあり、日々ディープファンとアンチディープが不毛な言い争いをしているのですが、オークス直後から「wwwwwwwwwwwwww」「おいアンチ呼吸してるかwwwwwww」「次はどんなイチャモンつけてくるんだ?wwwwww」というディープファンの心無い書き込みが殺到。現在書き込みをしているアンチディープは、アンチディープのふりをしている構ってチャンだけという悲しい状況に陥っています。

 そりゃあねえ。あんだけ強いところ見せつけられたらねえ。わたくしだって心が折れましたし。何気にこそっとディープとディープの馬単を買っていたのを見ていただいてもお分かりのとおり、『やべえ』とは思っていましたから・・・。

 だがしかし、だがしかしです。オークスはかつてサクラユタカオーやコジーンやデュランダルのような明らかにマイル寄りの種牡馬の子が制しているのに対し、日本ダービーは1992年のミホノブルボン(父マグニテュード)を除いて、過去20年間マイル種牡馬を寄せ付けていないレース。(マグニテュードにしても、その父はミルリーフで実はステイヤー血統)
 『ディープ産駒はマイラー説』の看板、オークスの結果だけで引き下げてしまうのはあまりに惜しい。少なくともこのダービーまでは自説を貫く所存でございます。

 さて、その自説に従うとすれば、大挙7頭が出走しているディープ産駒、全部切り捨てないといけないのですが、すみません。そこまでは出来ません。だって、ローテやら成績やらを見ていると、とてもじゃないですが全てのディープ産駒を切ることなんて出来ません。
 なので、『ディープ産駒は1着には来ない。2着ならあるかもしれない』という、何ともフヌケたスタンスで考えたいと思います。さっきまでの威勢は何処行ったんだよ!というツッコミは無しでお願いします・・・

 今回出走する18頭の内、サンデー系が14頭、ミスプロ系が1頭、サンデーでないヘイロー系が1頭、ノーザンダンサー系が1頭、ロベルト系が1頭という組み合わせ。
 ここ10年の連対馬の血統はサンデー系が11頭、ロベルト系が4頭、ノーザンダンサー系が2頭、ミスプロ系が3頭。サンデー系が有利ですが、意外と頑張っているのがロベルト系。かつてはブライアンズタイム産駒がビシバシ来ましたが、2002年以降BTは1回も連に絡んでいません。それでもこの成績。

 『あ、今回ただ1頭ロベルト系が走っているじゃねえか!』と思い新聞を見ると、大外18番アルフレード、よりによって武豊。ウィリアムズがトーセンを選んだための乗り替わりなのですが、何でこの人にするのかなあ。そりゃ昔はダービーを何勝もしていますが、遂に去年中央G1の連勝記録が途切れ、今年のドバイWCでは絶対にやってはいけないことをして、平然と馬とレースのせいにしたこの人にどうして馬を廻すのかなあ。ロベルト系は追って追って追い通してなんぼの血統。もしアルフレードに園田の木村健が鞍上だったら迷わず本命でしたが、鞍上がこの人なので消し。

 次にミスプロ系。かつてキングカメハメハが制し、一昨年は極限のヨーイドンのレースでエイシンフラッシューローズキングダムで決まったように、瞬発力勝負になると強い。が、今年該当する3番のゼロス、ハナを切らなきゃ惨敗するという馬。3走前に重馬場の若駒Sで大物喰いをしましたが、ダービーで同じ条件を演出するなら前半の1000Mが67秒くらいで、誰も競りかけずに4コーナーで突き放してセーフティーリードをつくるという、今年のダイヤモンドSのような展開の助けが必要。絶対に無いとは言い切れませんが、もしそうなってしまったらみんなでriot actしましょう。消し。

 続いてノーザンダンサー系。メイショウサムソン、アサクサキングスと、厳しい流れを前目で踏ん張り切るのが近年のND系のトレンド。今年はクロフネ産駒の12番トリップ。ラジニケ1番人気、弥生賞3番人気。で、前走皐月賞でスコ負けして人気が絶賛急降下中なのですが、ノーザンファーム生産で厩舎は松博。父クロフネはステイヤー血統だし母父はサンデー。ついでに母の全姉はトウザヴィクトリー。血統も環境も戦績も、少なくとも単勝万馬券の馬では無い。これは押さえます。

 あと、サンデーでないヘイロー系。7番の我が愛馬コスモオオゾラなのですが、上記のとおりここ10年でSS、RT,MP,ND系以外の馬は連に絡んだことすらありません。3着まで広げてもやっぱりありません。皆さんこのデータを知っているのかどうか定かではありませんが、皐月賞4着馬が現在単勝34倍。『マイネルの馬がダービー勝つわけねえだろ』というのが共通見解みたいですが、岡田総帥、元々はダービーを勝ちたいがためにマイネルという共同馬主制度を作った人。そりゃ色々良くない話も聞こえてきますが、今回、10年に1回あるかないかの大チャンス。鞍上柴田大知騎手もダービーは初騎乗で、しかも平地G1は未勝利ですが、中山大障害、中山GJで2回G1は勝っています。切れる脚はない、血統も実はタイキシャトルと同じデヴィルズバッグ系で不安は多々ありますが、押さえます。

 さて問題のサンデー系。14頭中の7頭がディープなので、まず軸からこいつらを外します。残り7頭の内から、G1実績があり、ローテが適正で、鞍上が強力な馬は
 ゴールドシップ
 クラレント
 の2頭です。
鞍上を考慮に入れないなら
 ジャスタウェイ
 グランデッツァ
 も入ります。

 ・・・じゃあゴールドシップしかいねえじゃねえか、捻ってグランデッツァか?と思ってしまうのですが、前者は多分圧倒的2番人気、後者はハイオリズム絶不調に陥っている池添騎手。買いたくない。

 ・・・すると、現在単勝72倍の小牧騎手鞍上のクラレントか、同じく単勝92倍の秋山騎手鞍上のジャスタウェイかとなります。もしクラレントがジャスタウェイの枠(2枠4番)に入っていたらこっちが◎だったのですが、外枠すぎる。

 結論

 ◎2枠4番 ジャスタウェイ
 2頭出しは人気薄を狙え!、の格言通り、須貝厩舎の超伏兵。でも、社台グループの白老ファーム生産で、父ハーツクライは去年の2着馬を輩出。鞍上秋山騎手も先日のNHKマイルCでG1ジョッキーの仲間入り。この馬も、春先まではクラシック候補の有力な1頭だった。鞍上がF永騎手から解放された今回、1発を期待します。

 残っているのはディープ産駒をどうするか。内枠から順に

 スピルバーグ G1はおろかG2実績すら無い。最高の枠に入ったのはいいけど、悲しいことに出遅れ癖あり。消し。
 ヒストリカル  スピルバーグと同じく実績がない。せめて毎日杯の後皐月賞に出走していれば、着順はどうあれ変えたのですが。消し。
 ベールドインパクト 実は来てもおかしくないと思っている1頭。ただし、皐月賞の後に京都新聞杯を使ってしまったこと、これが日本レコードでの決着になってしまい、反動が出るはず。鞍上の藤岡兄も頭を丸めて体を張ったギャグをかましてくれていますが、オールザットジャズであんな事しか出来ない騎手。消し。
 ワールドエース 個人的に、今回最大の悪い意味での地雷と思っている馬。確かに走法は美しい。中山で直線大外ブン回しで2着に来たのはスゴイ。でも、それしか出来ない馬。鞍上F永騎手も、工夫して、考えて、腕っ節で何とかする騎手ではなく、ただ馬主さんや調教師の指示通りに乗ることしか出来ない人。こいつ何かしでかすかも、という怖さが無いのです。いかに差しの決まるようになった東京とはいえ、この面子で直線大外ブン回しで連に絡むとは思えない。消し。
 エタンダール G1出走経験なし。ただし、この馬、ずいぶん長い距離にこだわったローテ。藤原英厩舎は1昨年エイシンフラッシュでダービーを獲っており、経験のなさは厩舎実績でカバー。鞍上も先週魅せてくれた松岡騎手。買い。
 ディープブリランテ 人気の1角。距離限界説あり。でも、でも、岩田騎手には是非日本ダービーの栄冠を手にして欲しいとです。このブログで万馬券は2回獲りましたが、そのどちらにも岩田騎手が絡んでいるように、私との馬券の相性はすごくいいんです。1着はないと思いますがそれでも買い。
 トーセンホマレボシ ベールドインパクトの項目で書いたとおり、京都新聞杯が日本レコードでの決着。兄のトーセンジョーダンは秋天を日本レコードで勝った後、JCで2着に来ていますが、あの馬は古馬。3歳の若駒には厳しすぎるローテ。消し。

 まとめますと

 ◎ ジャスタウェイ
 単複500円。

 あと

 ゴールドシップ
 コスモオオゾラ
 エタンダール
 ディープブリランテ
 トリップ
 クラレント 

 上記7頭の馬連BOX×100円

 あと、ジャスタウェイから上記6頭への馬単流しマルチあり×100円。

 
 目黒記念は簡単に。

 ◎ ユニバーサルバンク
 理由は簡単。去年のダービーの本命馬がこれだったから!
 単複500円。

 あとは

 コパノジングー
 1昨年の勝馬。1枠1番には入れたのは大きい。

 タッチミーノット
 人気の1角ですが、園田で走っていた馬。応援込で

 コスモロビン
 もうちょっと出世すると思っていたのですが今のところ足踏み状態。ここで1発

 ピエナファンタスト
 毎度おなじみ、目黒記念での軽ハンデ馬。相談役からの乗り替わりもグッド。

 上記5頭の馬連BOX×100円。



 ずいぶんゴチャゴチャ書き連ねてしまいましたが、なんてったって競馬の祭典。皆さん楽しみましょう!!!


 
 







スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

そんな時代になったんだ





 上の動画は、先週の日曜にフランスで行われた仏1000ギニー(桜花賞。1600M)なのですが、勝ったビューティーパーラーという馬、クリストフ・スミヨン騎手(2010年の秋天でブエナに乗ってた人)が騎乗しているのですが、何とディープインパクト産駒。

 何がスゴイかっていうと、この馬、母馬をわざわざ日本まで連れて来てディープをつけてるということ。海外→日本の流れなら、マルゼンスキーやビワハヤヒデ、キングカメハメハなどのいわゆる持込馬として多数の名前を挙げることができますが、その逆というのは初めてではないでしょうか。

 かつて『良血の墓場』と言われ、円を積んで世界の良血を集めることはあっても他所はこちらを見向きもしない状況だったのに、サンデーサイレンスを起点に変わり始めて日本産の馬がシャトル種牡馬として海外の活躍馬を出したりするようになり、遂に今回のように、金も手間も掛かるけどそれでも日本の血統が欲しいという人が現れました。

 嬉しいですねえ、こういうの。スポーツで日本選手が頑張っているのを応援するような心境になります。わたくしヒキヲタ、ディープインパクトは現役時代からのアンチで、ディープ絡みの馬券は買ったことがなく、よってことごとく負けてさらにアンチになり、種牡馬としても、これまでこのブログで書いた通り〚ディープ産駒はマイラー〛だと思っておりなるべく買わないようにしているのですが、この場合馬券が買えない、つまり私のお金がかっていないのので素直に心からおめでとうと言えます。本物のアンチディープな方々から怒られそうで怖いのですが、馬券が関わらないなら、頑張れディープ!と言えることが分かってしまいました。

 じゃあ何だ、わざわざこんな事書いてんのはオークスでディープ産駒から買うつもりだからかい?と言われるとそうではなくて、確かにスゴイ種牡馬であることは今回よ~く分かりましたが、やっぱり〚ディープ産駒はマイラー〛なんだ、と再確認させる出来事だったので紹介いたしました。

 オークスの予想の前に先週の結果

 第7回 ヴィクトリアマイル
 ◎ アスカトップレディ 14番人気14着

 G1初騎乗だった川須騎手、スタートは抜群だったのに何故かポジションを後方に下げて、そのまま流れ込んだだけ。この馬らしいといえばらしい競馬でしたが、どうせならでかいレースなので違った方法を試して欲しかったです。せっかくスタートは良かったのだから。

 また、先週も自信のサヨナラ馬だったホエールキャプチャが見事1着。私の見る目の無さにもますます磨きがかかってきました。
 ・・・そんなところ磨いてもしょうがないのは分かっていますが・・・

 さて、本日のオークスの予想ですが、毎年思うのですがオークスって難しい。血統やら実績やらがモノを言うかと思えば去年の様にナゼ?という結果になったり。そもそも3歳牝馬路線でこれまでに2400M走ったことのある馬なんてほとんどいないのだから、距離が持つかどうかなんて走ってみないとわかりません。
 なので、今回何に重きをおいて予想するのか、ということが大事だと思うのですが、私は血統論者なので、やっぱり血統を第1に、次に実績という順番になります。

 で、結論が

 ◎ 2枠3番 アイスフォーリス
 長距離大好きのステイゴールド産駒、しかも母父がクロフネと来れば、距離延長(全馬該当)を最も歓迎するのはこの馬のハズ。厩舎もかつてウメノファイバーで同レースを勝ったことがあるので、馬に足りない実績は厩舎が補ってくれる。内枠に入れたのもいい。
 あとは、私の馬券との相性最悪の松岡チョリーッス騎手が普通に先行してくれたら・・・

 単複500円。

あとは

 オメガハートランド
 フラワーC勝利→桜花賞惨敗(着順的に)で人気を落としており、実は桜花賞でも4馬身しか負けていないことや、父アグネスタキオン産駒のクラシック実績を考えると美味しい。

 ダイワデッセー
 コソッと2頭出しのダイワ勢の内、人気の無い方。でも実は、ただ1頭、2400Mのレースを走ったことのある馬。

 ヴィルシーナ
 やっぱり抑えないといけない桜花賞組その1。ウチパクさんはやっぱり怖いです。

 ジェンティルドンナ
 やっぱり抑えないといけない桜花賞組その2。オッズを見て驚いたのですが、桜花賞馬がなぜか3番人気。乗り替わりだったり距離不安だったりで人気が落ちているのでしょうが、桜花賞馬ですよ?


 上記5頭の馬単BOX×100円.

怒涛のG1連チャンもシリーズも中間点。そろそろ、そろそろ的中馬券が欲しいです。松岡騎手、勝ってくれたら『チョリーッス』してもいいから、訳の分からないことだけはしないでください。お願いします・・・




テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

また逃げ切りかよ・・・


  __,冖__ ,、  __冖__   / //
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /――--、..,
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / :::::::,-‐、,‐、ヽ.
  __,冖__ ,、   ,へ      ,ィ:::::_|o | ゚|-i、
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_// . ` ' ● ' ニ 、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / ニ __人__ノ
   n     「 |      / / ̄ _  | i
   ll     || .,ヘ   /  |( ̄`'  )/ / ,..
. n. n. n  ヽ二ノ__  {  `ー'´`'ー゙' / '(__ )
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ====( i)==::::/
  o  o  o     (,・_,゙>  /  :/     ヽ:::i

 
 第17回 NHKマイルカップ

1着 カレンブラックヒル  秋山真一郎  1人
2着 アルフレード   C.ウィリアムズ  3人
3着 クラレント     小牧太   15人

◎ オリービン川田将雅10人4着

 カレンブラックヒルがあっさりハナを切って気分良く逃げているのを見て、嫌な予感はしたんです。それは何かって?誰もスズをつけに行かないんじゃないかってことです。悪い方の予感が見事的中。騎手の皆さん、マイルのG1の割には遅いペースを淡々と付いて行くだけ。結果逃げ切り。ダイヤモンドSで、日経賞で、そして春天で散々ボロカスに批判されたのに、またまたやらかしてくれました。今回は逃げた馬が1番人気だったからほとんど話題にもなっていませんが、やっていることって同じですよ?まあ確かに直線で大事故があって、そこでレース終了だった有力馬も多数いましたが、そもそも東京マイルのG1なんだから、スローで流れてしまうと後ろの馬群が凝縮されてしまい不利のオンパレードになることは経験則で知っているはず。それなのに意表を突く騎乗や工夫は無し。悲しくなってしまいました。

 ・・・まあ、1番悲しいのは本命がハナ差の4着で1円の払戻もなかったことなんですけどね・・・
 ついでに、自信を持って切り捨てた2頭がワンツー。皆様の馬券検討のお役に立てて光栄至極・・・なわけねえだろ。泣きてえよ。


 で、今週も東京マイルの新設G1.牝馬限定戦。ちなみに過去6回、1度も馬券を獲ったことがありません。

 今回の注目点は、『G1で戦い続けてきた実績馬、でも調子落ち』組VS『G1初参戦もしくは1回走って見せ場なしだった馬、でも調子は上々』組との対決だと思うのです。大レースでは調子より格!とは昔アメリカの馬券師さんが言った言葉で、実際その通りの結果になることが多いのですが(去年のこのレースもそうでした)、今のところ格言の方を信じているオッズになっています。

 そりゃそうでしょう。G15勝馬を筆頭に、牝馬3冠路線皆勤馬が5頭もいるんですから。

 だがしかし、G1を勝っているのは2頭だけ。極端な物言いかもしれませんが、あとはどんぐりの背比べなんです。しかもその2頭が前走11番人気の馬に完封されているんです。

 この事実を踏まえた上で、私の出した結論は、〚何でもありじゃね?〛です。G1実績?格?そんなの関係ねえ!!

 次に、先週大失敗したサヨナラ馬、今回も懲りずにやります。
 
 マルセリーナ・・・去年の桜花賞の劇的な勝ち方は未だに忘れられないのですが、そのレースもそれ以降のレースもとにかく不器用。“桜花賞の如く馬群を縫って来る!”と仰るファンの方は多いと思いますが、先週の大事故をお忘れになっていませんか?ああいうのを避けるとすると、結局4コーナー大外ブン回しで届かず、になる公算が高いと思うのです。サヨナラ。

 アパパネ・・・去年のこのレースの勝者。確かに去年は凄かった。女傑ブエナを倒すための渾身の仕上げ、壮絶な叩き合い、そして勝利。これでこの馬は全てを使い果たしてしまったと思うのです。魔王を倒した勇者。その代償としてその後の人生ならぬ馬生。エリ女で3着にはなりましたが、あれが最後の残照だったのではないかと。

 フミノイマージン・・・太宰騎手の乗らないフミノイマージンなんてフミノイマージンじゃ無い。ついでにこの馬にマイルは短すぎます。父マンカフェに母父ディキシーランドバンド。秋のエリ女でお会いしましょう。

 ホエールキャプチャ・・・阪神JF2着、桜花賞2着とマイル実績は上位のように見えますが、父クロフネのマイル重賞での結果は散々たるもの。スプリンターかステイヤーか、という極端な種牡馬なんです。この馬もだんだん長距離向きになってきている気がします。

 

 人気どころを蹴飛ばしたところで、本命は

 ◎ 8枠18番 アスカトップレディ
 京都金杯、京都牝馬Sではお世話になりました。この馬、どんな状況でも掲示板を外さない馬なんです。今まで24戦して掲示板に乗らなかったのは僅か4回。いつでも一生懸命走る、馬主孝行な競走馬です。前走の福島で3番人気4着に敗れていて、今回人気はどうなるのかなと思っていたら、何と現在13番人気。東京マイルで好メンバー相手に勝ったこともあるし、牡馬牝馬混合戦でも結果を出しているのに人気は急降下。今回は絶好の狙い目です。
 とはいえ、典型的な善戦ウーマンなので、頭では狙いにくい。というわけで、わたくしヒキヲタにしては珍しく3連複でいってみたいと思います。

 その前に、単勝300円、複勝700円。

 この1頭軸で、相手は

 レディアルバローザ
 前年度の3着馬。今年数多くの有力馬でへぐってきた福永騎手の1番のお手馬、実はこいつじゃないかと思うのです。

 キョウワジャンヌ
 昨年の秋華賞2着馬。すごく失礼な言い方で申し訳ないのですが、遂に飯田騎手から乗り替わり。

 アニメイトバイオ
 これも秋華賞2着馬。えらい人気がありませんが、G12着が2回ある実績馬ですよ?

 アプリコットフィズ
 マイルの適応能力はピカ一。土曜に大穴を(3着で)あけまくった田中勝春騎手。

 オールザットジャズ
 買いたくねえ・・・人気だし、鞍上がとてもとても相性の悪いあの人だし・・・でも、馬の調子は絶好調。無気力騎乗さえしなければ3着以内に来る確立はとても高いです。最も、その無気力騎乗こそがこの鞍上のキャラクターなんですが・・・

 ドナウブルー
 来日早々やりたい放題の鞍上C.ウィリアムズ騎手。G2をすでに2勝。G1ももってけドロボー

 上記6点に3連複1頭軸で流し。人気どころはオールザットジャズくらいなので、来たらデカイ。


 馬券の的中を祈りつつもう1つ。先週落馬負傷した後藤騎手、JRAの発表だと頚椎骨折の疑い、頚髄不全損傷だとか。よりによって首をやってしまったのですね。2chをはじめ散々ネタにされる人ですが、私個人の馬券の相性は悪くないし、騎乗スタイルは好きなんです。早じかけとはいえ、見せ場は必ず作ってくれる騎手ですから。1日も早い復帰を願っています。


 

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

理不尽だ・・・


source.jpeg




第145回 天皇賞(春)

1着 ビートブラック    石橋脩 14人
2着 トーセンジョーダン 岩田康誠 3人
3着 ウインバリアシオン 武豊    2人


  オルフェーヴル 1人11着


 ◎ ナムラクレセント 8人9着   屈腱炎
    ジャガーメイル 9人4着   骨折
    フェイトフルウォー 11人13着  腱鞘炎
    ローズキングダム 6人15着 
    ヒルノダムール 5人11着


 ・・・オルフェをバッサリ切っていたんです。怒号と悲鳴の決着を望んでいたんです。でもね、前走阪神大賞典で4秒負けていたビートブラックなんて買ってなかったんです。しかも馬券を買った5頭の内3頭がレース中に負傷していたんです・・・




 
 
 どうやら今日も競馬があって、じーわんっていう大きなレースがあるらしいので、何かに取り憑かれた抜け殻状態のヒキヲタが予想を晒します。どうぞ皆様この当たらない予想をご参考にしてください。


 NHKマイルカップ、マイルのG1になってからもう17回目になるんですね。その前の2000Mで行われていたダービートライアルのNHK杯をリアルタイムで見ていた世代なので、未だに新設G1とマル外ダービーのイメージが離れません。馬柱を見るときはまっさきにマル外マークが無いかを確認してしまいます。ちなみに今年はマル外は0頭。ほとんどの馬が父内国産馬(去年か一昨年あたりから父内国産馬の報奨金制度が無くなってしまい、カブトヤマ記念なんかが消滅してしまいました)というメンバー構成。隔世の感があります。

 で、例によってサンデー系種牡馬が大挙10頭出走しているんですが、なんだかなあぁ。逆らっていては馬券外しまくるのは分かっているのですが、せめて捻ってみたいじゃないですか、天邪鬼としては。

 捻る理由としては、能力が抜けているという馬がいない、このレースの後ダービーもいただくぜ!という松国ローテちっくなのが不在。直結レースの毎日杯が重馬場で、しかも1着だったヒストリカルがいないので例年のような信頼性はない、といったところです。

 予想を晒す前に、バッサリ切る人気馬とその理由を述べてみます。

 サヨナラその1 カレンブラックヒル
 現在1番人気。3戦3勝。前走NZTの勝馬。でも、新馬は逃げ切り、500万は接戦を何とか勝った、NZTは内枠先行馬絶対有利という中山1600Mのトラックバイアスの恩恵を活かして勝っている馬でして、厳しい条件で相手を捩じ伏せたというレースが皆無なのです。今回の舞台は東京マイル。苦しいのではないでしょうか。

 サヨナラその2 マウントシャスタ
 今をときめくディープ産駒。土曜もやりたい放題勝ちまくり。しかも鞍上は岩田大先生。でも、この母系、ダート馬しか輩出していないのです。全兄のボレアスがそうでしょう?毎日杯で2着に来ることができた理由は重馬場になったから、しかも芝の1流馬ヒストリカルに完封されていることを考慮すると、こいつの出番はここではなくて交流G1のダービーグランプリなんじゃないかと思うのです。

 サヨナラその3 アルフレード
 上記2頭と比べると理由は薄いのですが、元々出たかったレースは皐月賞。一頓挫あったとかでこっちにまわって来ましたが、そもそも一頓挫あって休んでた馬があっさりG1って勝てますか?先週のビートブラックだって、着順はともかく出せるレースは全て使って、それでも体調を上げて、結果大金星を手にしたのですから、途中のアクシデントって相当悪影響があると思うのです。


 じゃあ本命は何か、と申しますと

 ◎ 7枠13番 オリービン
 徹底的にマイルにこだわっている戦歴、前で競馬したり後ろからだったりと試行錯誤を繰り返しており厳しい流れもどんと来い。しかも出走回数が多いので経験値も多い。突き抜けた馬がいない今回、この経験は活きるはず!!

 単複500円。

 あとは

 マイネルロブスト
 毎度おなじみ前走武豊からの乗り替わり

 クラレント
 マイルG1では怖い小牧騎手が新馬からずっと手塩にかけている馬。兄のリディル、マイルCS2番人気だったんですよ?

 ジャスタウェイ
 香港で元お手馬のルーラーシップがG1のQE2ステークス圧勝。そろそろいいところを見せないとやばい福永騎手。1番人気で買う騎手ではありませんが、こういう人気の盲点になっている時にいらんことをするのは得意技。

 サドンストーム
 失礼な言い方で申し訳ないのですが鞍上は激しく不安。でも、かつてテレグノシスでこのレースを勝ったことがあるので、何とかして欲しい。あと、先に述べたようにかつてのマル外ダービだったレース。馬は内国産でも馬主が外国の人。ていうかアラブの王様。なんだよそっちのマル外だったのかよというオチに期待。

 上記5頭の馬単BOX×100円。




ちなみに最初の絵、ニコニコ動画で拾ってきたものなのですが(素晴らしく上手で、思いっきりネタとして笑える素敵な絵です)、何の絵なのかさっぱりわからない方のためにざっと説明しますと
 
 左の男性・・・Fate/Zeroというアニメの登場人物。不運で不幸な人。ランサー(Fate/Zero)でググってみてください。Fate/Zeroは現在も絶賛放映中。外道でグロいところが多々ありますが面白いですよ。

 右の女性・・・魔法少女まどか☆マギカというアニメの登場人物。やっぱり不運で不幸な人。巴マミでググってみてください。魔法少女まどか☆マギカは、10年に1本あるかないかと言われるほどの傑作アニメ。放送は終わっているのでレンタル屋さんで借りるか、もしくはDVDなりBDなりを購入してみてください。第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞作品と、お上公認なのはいいですが、ストーリーは可愛い絵柄に相反してフォースの暗黒面もびっくりのどん底に叩き落としてくれる鬼畜仕様。でもちゃんと救いもありますよ。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示