まさかの雑所得認定


┣"┣"┣"┣"┣"
    __
  /  /┏))))
 /  / ┃実 ┃
`/  ( ┃質┃∧∧
/ / \┃勝┃´Д)
/   ┃訴┃ ⌒)
/   ┃ ┃/ /
_   /((((┛/
__ / /~\ \
   (__) \ \
⌒ヽ,;;し′ / /
  人 ';  / /
Y⌒)⌒ヽ \_)


 caution!)わたくしは社会不適合者のひきこもりニートであり、税法や刑法など殆ど知りません。以下の文章はそんなヤツの書いたただのチラシの裏の落書きですので真に受けないで下さい。

 今年2月9日にこのブログで取り上げた『外れ馬券は経費か否か?注目の裁判、検察側は懲役刑を求刑』の判決が5月23日に大阪地裁で下されました。

 「外れ馬券は経費と認める」初判断…大阪地裁

 わたくしはブログで「当たり馬券について一時所得になること、馬券に認められる必要経費とは今まで負け続けてきた額ではなく的中したその部分だけということ、国税は周知の義務は果たしていたことから今回の裁判において被告に勝ち目は無いと結論付けざるを得ないのです。」などと書きましたが、大阪地裁は予想していなかった判決を下しました。

 以下2chにあった今回のまとめを引用。

 “競馬の払戻金への課税で、外れ馬券が経費と認められるかどうかが争われた刑事裁判の判決で、
大阪地裁(西田真基裁判長)は23日、「営利を目的とし継続的に馬券を購入した場合は、
外れ馬券の購入費も必要経費になる」との判断を示した。

その上で、払戻金を申告せず5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反(単純無申告)の罪に
問われた大阪市の元会社員の男性(39)について、脱税額を5200万円に減額して懲役2月、
執行猶予2年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

国税庁通達は、競馬の所得を偶発的な「一時所得」としているが、判決は「原則的には一時所得だが、
元会社員の馬券の購入方法は一般的な馬券購入とは異なり、継続性があり、娯楽にとどまらず、
資産運用の一種だ」と判断。外国為替証拠金取引(FX)や先物取引と同様に「雑所得」と指摘し、
雑所得の課税実務に合わせ「外れ馬券の購入費も必要経費」と判断した。

検察側の「所得は当たり馬券代だけを差し引いた28億8000万円」との主張を否定し、3年間の競馬に
よる所得を「1億4000万円」と認定した。有罪とした理由については「申告義務を認識しながら国税当局が
摘発しないと身勝手な判断をした。納税意識を欠いた犯行」と述べた。

元会社員は2007~09年、インターネットで28億7000万円分の馬券を購入し、払戻金30億1000万円を
得ていた。約1億4千万円の利益を出したが被告は税務申告を一切していなかった。

元会社員は年収約800万円のサラリーマンだった。2004年から馬券購入を開始。市販の予想ソフトを
改良した独自のシステムで、週末ごとに多いときで1日1000通り以上の馬券を買い続けた。
最初に100万円を入金した後は一度も資金を追加せずに、黒字収支を続けた。
5年後には約1億4000万円もの利益を手にした。”

 以上、引用終わり

 正直びっくりしました。「なにがビックリだよそもそも文章長いし何言っているのか分からねえよ」と仰るかたもおられるかと思いますので、事例を適当に作ってみます。

 例)18頭立てのあるレースで3連単を全通り100円ずつ購入。その内の1つが的中して配当が200万円だった場合。また、この人は同年度に他のレースで150万円負けていたものとする。
 所得税の計算にあたっては他の収入や控除は一切考慮しないものとして計算する。

 ① 一時所得としての所得税(国税が主張していた方)
 収入 200万円
 支出(経費) 的中した馬券の100円部分のみ
 特別控除 50万円
 2,000,000ー100ー500,000=1,499,900
 この1,499,900円に0.5を掛けた金額に所得税が掛かります。
 1,499,900×0.5=749,950円

 所得税の計算の基礎となるこの金額は1,000円未満の端数は切り捨てなので、所得税は
 749,000×0.05(1000円以上1,949,000円までの所得税の税率は5%)=37,450円
を所得税として収めなければなりません。

 ② 雑所得としての所得税(今回の大阪地裁の判決)
 収入 200万円
 支出(経費) 489,600円(3連単全通りの購入代金)+1,500,000万円(同年度の他のレースでの負け額)=1,989,600円 

 2,000,000-1,989,600=10,400

 この10,400円が課税対象所得となり、やはり1,000円未満の端数は切り捨てなので、所得税は
 10,000×0.05(1000円以上1,949,000円までの所得税の税率は5%)=500円が所得税として収める金額となります。


 一時所得と雑所得、ただ税金の項目をどちらにするか、たったそれだけのことでこんなに差が出るのです。ちなみに①の場合は1年トータルでマイナス収支になってしまいます。(200万-150万-489,600円-37,450円=-27,050円)

 ちなみに今税務署の〚所得税の確定申告の手引き〛を手元に用意して書いているのですが、一時所得の定義はやっぱりちゃんと書いています。
 一時所得・・・臨時・偶発的なもので対価性のない次のような所得 ●賞金や懸賞当せん金、競馬や競輪の払戻金 ●生命保険の一時期や損害保険の満期返戻金
 生命保険の一時期や損害保険の満期返戻金が臨時・偶発的なもので対価性のないものなのかと言われると首を傾げてしまいますが、まあ一時所得って一言で言えば『あぶく銭』ということなのでしょう。

 対して雑所得については・・・他の所得に当てはまらない次のような所得 ●公的年金等 ●その他、原稿料、講演料、印税その他・・・とあります。
 雑所得という名前だけで判断すると『はした金』というイメージにとらわれますが、その中身は給与所得や営業所得でない所得の内、公的老齢年金や収入を得るための労力の対価など、これがなければ生きていけないという所得を大部分含んだものとなっています。

 今回の判決、元会社員の男性の競馬収入について、資産運用の対価として、これがなければ生きていけないという所得という判断をしたことになります。

 またもや引用なのですが、”国税庁内では冷静な受け止めが目立った。ある幹部は「こちらの主張が認められなかったのは残念だが、想定の範囲内。判決を見てみないとはっきりしないが、馬券の購入方法にはいろいろなケースがあり、今回はかなりのレアケースとして『雑所得』と判断しているはずだ。通常の馬券の払戻金が『一時所得』というこれまでの解釈に影響はないだろう」と強調した。”

 この男性が競馬で儲けていたのは会社に在籍していたとき。副業で競馬という資産運用をしていたということになります。資産運用をどのように解釈するかにもよりますが、銀行や信託銀行や証券会社に口座を作ってお金を預けてプロに丸投げというのが資産運用として認められている以上、馬券の購入もPATという口座を作って自分で運用の指図を行うという資産運用の一種と認められはしないでしょうか。そうなると馬券購入者の大部分は当てはまってしまうことになり、上記の国税庁の幹部さんの発言である「かなりのレアケース」などではなくなります。被告の元会社員は控訴しない方針なのだそうですが、国税側はあと2週間以内に控訴するかどうか決めるそうです。

 今のうちに[不的中勝馬投票券回収業]を立ち上げようかな。まあ社会不適合者のひきこもりニートにそんな行動力はありませんが。


 予想と関係ないことを長々と書き連ねてしまいました。

 先週の結果
 第74回 優駿牝馬 
 ◎ プリンセスジャック 10人11着
 結果ボロ負け、TVに映ることすら無かったのですが、まあF永君の騎乗は100点満点中50点くらいは付けてあげてもいいものでした。力の足りない馬なのだから桜花賞と同じく後方待機の死んだフリでマグレ狙いというのは正しい判断だったと思います。ただ、最後の直線で制裁点が貯まりに貯まっていてあと1回制裁を喰らうと長期間騎乗停止になるF永君、馬群を縫うというリスクを負わず大外ブン回しにしたのが大きなマイナス点。

 さて本日は競馬の祭典日本ダービー。去年も一昨年もいろいろ考えてパーフェクトに外しているこのレース、今年は難しく考えない。考慮すべきはただひとつ。どの騎手にダービージョッキーになって欲しいかということのみ。

 ◎ 5わく10番 タマモベストプレイ
 皐月賞もコイツを本命にして負けて、回顧で「勝ったロゴタイプのすぐ後ろで徹底マークしていたのに4コーナーで突き放されて結局その差を縮めることが出来ないままゴール。2度とロゴタイプに勝つことはできないのではないかと思ってしまうような負け方にがっくりしました」と書きましたが、前走に引き続き鞍上は和田竜二。最も贔屓にしている騎手。

 単複500円。

 和田竜二騎手、1999年の落し物を今年こそ拾うんだ!!!
 
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

去年に続いてフローラS組に騙されてる


    (´・ω・`)
   /     `ヽ.   お酒は程々にしておきましょうねー
  __/  ┃)) __i |
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\

 例によって全然競馬と関係ない話なのですが、先日夜の10時過ぎにひきこもりのわたくしが何故か電車に乗っていた時の話。
 仕事帰りの疲れきった乗客を家路に運ぶ静かな車内で突然歌声が聞こえたのです。初めは「ああ、時々いる近所のかわいそうな子、あうあうあーさんかな」と思っていたのですが、声が聞こえた方を見てみてもそれらしき人物はおらず、代わりに泥酔していると思われるスーツを着たオッサンが座席にふんぞり返っていました。混んでいるのにその隣の席が開いていたので多分コイツが奇声の原因だろうと思った途端、またもや歌声、それも下手くそ。やはりそいつが原因でした。
 これだけなら誰にでもよくある話で別に取り立てて話題にするようなことでもないのですが、何が鬱陶しかったかといえば歌っている曲名が全部分かってしまったこと。懐かしの『米米CLUB』のメドレーを電車の車内で独演会してたのです。そこで私はこう思いました。「ああ、こんなベタな(米米CLUBの楽曲は素晴らしものばかりですが、知名度が高いゆえに誰でも知っているし歌えます)歌を電車内カラオケしているなんて、この人普段ウケをとるの苦手なタイプだなぁ。もし『獲物を屠るイェーガー~(アニメ進撃の巨人のOP曲紅蓮の弓矢)』だったり、『闇を欺いて~刹那を躱して~(アニメジョジョの奇妙な冒険第2部OP曲BLOODY STREAM)』だったり『\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!(アニメ這いよれ!ニャル子さんWOP曲恋は渾沌の隷也)』だったりしたら、彼の肩をそっと叩いて次の停車駅で一緒に降りて近くのカラオケ屋でアニソンメドレーに付き合ってやってもいいのに」と。中途半端に世間体を気にした選曲でわたくしを含む周りの乗客に迷惑かけるんじゃねえよ。

 もう何年カラオケなるものに行ってないだろう・・・

 先週の結果

 第8回 ヴィクトリアマイル
 ◎ アイムユアーズ 11人8着
 先々週のNHKマイルカップと同じく距離延長の馬を買ったのですが、鞍上戸崎、何故逃げた。距離延長は最後は止まってしまうんだ。G1だとほぼ確実に止まってしまうんだ。その辺の条件戦やショボイ重賞とは訳が違うんだ。最後の直線半ばまで抵抗していたのはいいのですが、それを加点しても100点満点中20点くらいしかつけることができません。やはりJRAのジョッキーとしてはデビューしてまだ2ヶ月ちょっとしか経っていないのでその辺がまだ分かっていないのだろうな、という結果になってしまいました。まあJRAのジョッキーとしてデビューして10年以上経っているのに理解していない輩も多数いますが。

 さて本日は東京競馬場で第74回オークスが行われます。
 このレースの特徴が、ほぼ全馬が距離延長で迎えるレースということ。たまに2400Mを経験したことのある馬が出走するという事はありますが、今年は該当する馬は無し。みんな初めての長距離に挑むわけです。
 そこで出馬表を見て、去年のデジャヴに囚われました。何でデニムアンドルビーが1番人気なの?去年もみんなミッドサマーフェアとかいう馬を1番人気にして13着だったよね。G1に出走したことのない馬がどれだけトライアルレースで強い勝ち方をしても評価は出来ないし、ましてやそのトライアルレースが500万条件戦と変わらないメンツだったのだからなおさらです。なのにまたやらかしてる。みんなフローラSが大好きなんだろうなあ。ドラクエ5では断然ビアンカ派のわたくしとしては失笑せずにはいられません。JRAよ、早くフローラSに対抗すべくビアンカSというレースを創設するのだ!と声を大にして言いたいです。

 話が逸れました。予想に戻って、このオークスというレース、桜花賞組が圧倒的に有利なレースです。上記の通りみんな距離延長なんだから1600M→2400Mだろうと2000M→2400Mだろうと同じです。ならば大舞台という重圧を経験したことのある馬の方が絶対に有利。なので買う馬は桜花賞組から。
 前走桜花賞だった馬は8頭。1~5着馬がきっちり出走しています。桜花賞馬のアユサンが何故か3番人気と舐められているので、普通に考えればこれで決まりです。が、やはり単勝6.3倍では面白味がない。そこでもう1度馬柱を見てみると、あれ、なんでこんなに人気がないの?という馬がいました。

 ◎ 7枠14番 プリンセスジャック
 桜花賞は14番人気3着。大外ブン回しがたまたま嵌っただけという見方もできますがそれでも3着は3着だ。母ゴールデンジャックは1994年のオークス2着。鞍上福永も牝馬G1ならばマイナス要素ではない。それなのに現在単勝32倍。いかになんでも舐められすぎ。

 単複500円。

 今年福永騎手はG1はおろか重賞すら勝てていません。そろそろいいところを見せないとヤバイ。舞台は整ったぞ、日本騎手クラブ副会長兼関西支部長。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

花の12期生

  /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    / / ̄7l l   ― / / ̄7l l  _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    \/   ― /   \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |   /   _/    /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ


 福永祐一
 和田竜二
 古川吉洋
 高橋亮
 常石勝義
 細江純子
 柴田大知
 柴田未崎
 田村真来
 牧原由貴子

 この10名がデビューした時のことは未だに覚えています。天才福永洋一の息子、JRA初の女性騎手、同じく初の一卵性双生児(双子)騎手など色々話題が豊富な世代だったのです。
 ちなみにこの内で1番初めに重賞を手にしたのは当時一番影が薄かった和田竜二。デビュー1年目に当時年末の中山の3600Mで施行されていたステイヤーズステークスをサージュウェルズで勝利したのを見てコイツは絶対大物になると思ったことがわたくしの和田贔屓の始まり。もう16年以上も昔の話です。

 当時の柴田兄弟については、一卵性双生児ということで写真を見ても全く同じ顔で見分けが付かず、違いはつむじ(頭部の毛髪のうず)だけというのを何かで読んだこともあります。同期の連中は3年過ごす内にどっちか分かるようになったそうです。

 そのデビューから既に17年。現在も騎手をしているのは半分の5人。福永・和田・古川・柴田大知・牧原(結婚して増沢と姓が変わっている)であり、普段よく騎乗しているのを見るのはその内の4人だけになってしまいました。福永は今や実力はともかく競馬会の第一人者。和田はG1こそテイエムオペラオーとワンダーアキュートだけですがいぶし銀という立場を確立。古川はいるのかいないのかよくわからないというステルスポジション、そしてまるまる2年間味勝利だったこともあるようなどん底から蘇ってきた柴田大知の4人です。

 第18回 NHKマイルカップ
 1着 マイネルホウオウ 柴田大知 10人
 単勝 3,430円
 複勝 730円

 去年の弥生賞をコスモオオゾラで獲らせてもらって以来大知君はチェックしていたつもりなのですが、今回はやられました。だって騎手も馬も中山専用機だという印象があまりにも強かったため、左回りの東京マイルで勝ち切るなんて想像すら出来なかったのです。後から考えれば変えない馬券ではなかったと後悔しています。

 とにかく大知君、平地G1勝利おめでとう。これからもジャンジャン活躍して下さい。

 ◎ シャイニープリンス 11人6着
 いつもどおりお金にはなりませんでした。が、吉田豊騎手の騎乗は個人的に完璧だったと思います。距離延長、しかも初距離なのだから前に行ったら絶対に止まることを理解しての後方待機、最後の直線だけの競馬に徹してくれたのは正に希望通り。それで負けてしまったのだからしょうがありません。最後にきっちりテレビ画面に映ってくれただけで良しとします。

 さて本日、選手と同じく東京マイルのG1ヴィクトリアマイルが行われます。今回は古馬牝馬限定のレース。先週もそうでしたが今週のこのレースも過去2年、何から何までパーフェクトに外しているレース。当たる気がしない。

 もし出走馬にフジキセキ産駒がいたら無条件で本命にしたのですが(過去2回、コイウタとエイジアンウインズという穴馬が勝利しているのですがどちらもフジキセキ産駒)、残念ながらいない。普通に考えたら長い直線に滅法強いディープ産駒の内から何かを買っておけば当たると思うのですが、出走している3頭全て人気になっている。しかも内1頭は1番人気だ。美味しくない。
 ならばマイル実績があるのに人気がない馬はいないかと探したら、いました。

 ◎ 5枠9番 アイムユアーズ

 阪神JF2着、桜花賞3着の馬が現在単勝36倍。近走2ケタ着順が続いていますがどちらも1秒未満しか負けていない。ついでに鞍上は鳴り物入りでJRAに転入してきたのに今のところ目立っていない戸崎圭太騎手。そろそろ「ここにいるぞ!」という活躍を見せてほしい。

 単複500円。

 花の12期生のことを調べていて初めて知ったのですが、春天で本命にしたトウカイパラダイスに騎乗していた柴山雄一騎手、この世代だったのです。なんでも競馬学校を受験するも落ちて地方からキャリアをスタートさせたとか。わたくし知らないうちにF永君を除く12期生贔屓になってしまっているようです。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

じゃあ何故菊花賞に出なかった

            ∧_∧
           ( -   )  ・・・
            /  ⌒i
           │  .| .|
   ..       │  .| .|
   .._____l   .| .|____
              (u ⊃



 第147回 天皇賞(春)
1着 フェノーメノ 蛯名正義

 戸田博文師
「愛国者として、昨年の天皇賞・秋は陛下の前で勝てなかったことが残念だったので」

 昨年の秋天は天覧競馬でした。フェノーメノはその時2着。なのでこのレース後のコメントについては何もおかしくないのですが、ふと疑問が湧いたのです。

 「秋天もそうだけど菊花賞だって菊の盾を授かるためのレース。何で菊花賞に出走しなかったんだよ」

 予想の段階でフェノーメノはノータイムで切っていたのですが、その理由が菊ではなく秋天を選んでいたこと。3歳限定の3000M戦から逃げた馬が古馬になって3200Mを勝てるわけねえだろと思っていたのに終わってみれば実にステイヤーらしい競馬で完勝。そんなに長距離適性あるなら菊に出てろよおかしいだろ大体天覧競馬になることが決まったのは菊の後だし府中の2000Mの秋天より淀の3000Mの菊の方がよほど歴史のある競争なんだから愛国者ならそっちを優先しろよ、と先週のレース後ブツブツ考えたりしました。

 いやまあ普通に考えたら昨秋はまだ距離不安があったがその後半年でステイヤーとして成長した、といったところなのでしょう。とにかくフェノーメノは強かったです。

 ちなみに2ちゃんねるのスレでの優秀なレスのコピペ


 6 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2013/04/29(月) 11:46:21.29 ID:YCKBV4GM0
 左回りの府中では勝たない愛国者の鑑

 上手いなあ。20文字に満たない書き込みでこんなに色々表現できるんだなあ。こういうのをセンスと言うんだろうなあ。わたくしにはは全く無いものなので羨ましいです。

 ちなみに金船ことゴールドシップの敗因は多分鞍上。先週の予想の時に「競馬が極端。スタートはノッソリ、道中最後方、残り1000Mからの超ロングスパートという走法を確立している。今までその競馬で勝ち続けてきたのだから今回新たな走り方を試すという冒険を敢えて冒すとは思えない」と書いたのですが鞍上のウチパクさん、プレッシャーからなのかどうかは分かりませんが仕掛けが早すぎました。2週目2コーナーを過ぎた辺りから上がっていってしまっています。園田だってそんな位置から仕掛けたら早仕掛けと罵声を浴びる位置です。1000Mどころか1600Mの超々ロングスパートを敢行しようとしたのでしょうか。結局直線は他の馬と脚色が同じになってしまい5着。よくもまああんなデタラメな騎乗をされて掲示板に載れたものだと逆に感心しました。レースラップは早かったのだから、いつもどおりのレースをしていれば勝っていたのではないでしょうか。


 ◎ トウカイパラダイス 14人8着
 最後の直線に入るまではいい夢を見させてもらいました。逃げた馬は明らかにオーバーペースだったもののこっちは1000Mを過ぎた辺りからペースダウンに成功。期待どおり2週目4コーナーを内ラチ沿いに先頭で通過してきてくれて「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と思ったのですが、勝ったフェノーメノと2着のトーセンラーに外から早めに被せられてしまいました。それでも頑張ってはいたのですが残念ながら馬券にはならず。有力馬が後ろのほうでお互い牽制し合ういつもの長距離レースならばあの競馬だったら勝っていたのに、エビショーもユタカもいらんことしおって・・・

 話は変わって本日は東京でNHKマイルカップが東京で行われます。去年も一昨年も展開やら何やら全て含めてパーフェクトに外しているレースです。当たる気が全くしない。

 過去のデータからだと
 ・距離短縮
 もしくは
 ・1600Mのスペシャリスト
が勝つレースなのですが、そんなこと皆さんご存知のようで該当する馬はみんな人気になっています。普通ならエーシントップが単勝1倍台でもおかしくないのに現在3倍超。人気党の方にとっては逆に美味しいレースとなっております。元々マル外ダービーだったこのレースに久々に登場した1番人気のマル外。繰り返しますが普通ならエーシントップが勝つレースです。今の府中の芝は前が止まらないし。

 でもエーシントップは買わない。1番人気なんてキライだ。このブログの主旨にも反する。

 では何を買うか。過去データから導き出される馬は全て人気になってしまっているのだからそれ以外からでないとオッズがつかない、とあれこれ悩んでいたら、1頭中々美味しい馬を見つけました。

 ◎ 7枠13番 シャイニープリンス
 現在3連勝中。また13番枠はNHKマイルカップで過去(3-2-0-5)と最も勝率の高い馬番なのに単勝35倍。そりゃダート3戦芝1戦、1200Mと1400Mでしか走ったことがない馬なので期待よりも不安が先行するのですが、そこは「父 キングヘイロー」で何とかして欲しい。2007年の同レースで最低人気で3着に入り3連単970万馬券を演出したムラマサノヨートーの父がキングヘイロー。意外性に満ち溢れた、みんな忘れている超良血種牡馬です。

 単複500円。

 先週の春天も結局2番、3番人気での決着。もうそろそろ大荒れが見たい。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示