宝塚記念 予想

                             _
                           /::::::::::\:::::::::.:::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::
                            ,/  ヽ_::::::::\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                       、○)(○ )::::::::::::|:.:::::::.:.:::::::::::::::::::::::::::: :::::
.___________          、_人__):::::::::::/  ̄:::::::\......... .................
|             | |         |    |::::::, ─  ::::::─:::::::\::::::::::::::.:::::::
|             | |          {r‐r‐/:::,   (○) ::::(○)::::::::\;;;;;;,;;;;; ;;;
|             | |           、ー-'::::!    (__人__)::::::::::::::::::|::.:::::::::::::
|             | |         ヽ  ::::丶    ` ⌒´:::::::::::::::;/,,, ,,,,,,,,,,,
|___________|_|          /   :::::/      :::::::::::::::::\::::::::::::::.::
    _|__|_|_               !   :::::i       ::::::::::::::::::::::|... ..... ......


 サッカーのワールドカップブラジル大会、日本は予選リーグで敗退してしまいましたね。
 そんなに興味がなかったので、上のAAや世間の皆様みたいに早朝からテレビを見てがっくりすることはなかったです。というより、1試合目のコートジボワール戦だけは目が醒めたので途中から見たのですが、電源をつけた途端に本田選手がゴールするシーンが写ったので、私としてはいいタイミングでいいものを見せてもらった大会でした。

 今回はワールドカップというより南米選手権の様相を呈していますが、あちらさんはフットボールが唯一の国技なのだし現地開催だからそりゃ張り切りますね。その内スーパープレイ集がようつべで流れるだろうからそれでも見ておくとしましょう。

 さて競馬。こちらはサッカーや国技と呼ぶのが憚られるようになった相撲と違い日本馬が絶賛ブレイク中。現役世界最強馬ジャスタウェイ、最強牝馬ジェンティルドンナ、去年引退しましたが短距離のスーパースタのロードカナロアなど、世界の頂点に届いた馬、これから頂点を獲るであろう馬がわんさかいます。
 サッカーに夢中になるのもいですが、日本のお馬さんはもう世界最高レベルに達しています。もっと世間の関心を引いてもいいと思うのですがいかがでしょう。
 初めて馬を見る人からすれば何をしているのかわからないのかもしれませんが、オフサイドやらファウルの仕組みなどのルール、世界のスーパープレイヤーの情報が錯綜するサッカーと違って、世界のレースで日本馬が出走した時は、その馬さえ見ていればいいのですからハードルは低いと思うのです。今年3月のドバイデューティーフリーなんてジャスタウェイが6馬身差圧勝かつコースレコード2秒短縮というアラブの王様もびっくりの超パフォーマンスを披露してくれたので胸がスカッとしましたよ。

 一歩目が踏み出せないという方、そんなに難しく考えずにスポーツ観戦として観ていただければいいのです。どうせ海外のレースは日本国内で馬券は買えないのですから。(厳密には買えないわけじゃないのですが全て個人責任で英語の翻訳から初めて専用口座の開設、為替のチェック、日本と相手国のそれぞれの税制の知識などが必要になります。わたくしヒキヲタは買おうと思ったことは1度もありません)

 閑話休題。このブログの趣旨である日本国内の競馬の話に戻します。
 
 まずは先週の結果。

 第21回 函館スプリントステークス

 ◎ フォーエバーマーク 2番人気5着
 数字だけ見たら駄目駄目ですが、ゴール100M手前までは勝ったと思っていたのです。気風の良い逃げ、ペースもスプリントにしてはそれほど速くない。コースロス無く最短距離をどの馬にも邪魔されずに走っていたのですから。
 それがゴール手前でガラリ一変。冬にしか走らないはずの古豪ガルボが夏にまさかの勝利。2着はここ数ヶ月活火山状態の三浦皇成騎手のローブティサージュ。函館の芝1200Mは最後の直線は短いですがスタートする向こう正面は長いので、時々こんなふうに後方からマクリ一発が決まってしまうのです。難しいですね。

 それでは本日の宝塚記念の予想をします。

 只今(6月29日午前0:50)大阪南部では時々強い雨が降ったり止んだりしていますが、この程度なら今日の15:00には阪神競馬場の芝コースは良馬場で行われるはずです。

 今のところ1番人気は阪神競馬場の魔王ゴールドシップ、2番人気はジェンティルドンナを差し置いてG1未勝利のウインバリアシオン、3番人気がそのジェンティルドンナ、ちょっと離れて4番人気に去年の牝馬G13勝馬メイショウマンボとなっております。

 普通に考えたらゴールドシップの勝ちです。もう確信したのですがあの馬京都競馬場が嫌いなんです。高速馬場が苦手云々というより競馬場そのものを苦手にしているはずです。かたや阪神では4勝2着1回と好成績。阪神競馬場が好きな虎キチさんなのでしょう。
 ところが気になるのが乗り替わり。今回は横山典弘騎手が鞍上ですが、社台グループ管理馬でない馬がコロコロ騎手を替え続けるのはいただけません。ましてやオルフェーヴル程ではないにしてもすごい癖馬。鞍上は固定しておくべきだと思うのに替えちゃった。ここがとても引っかかります。

 2番人気のウインバリアシオンは逆に鞍上が岩田大先生に戻ってきたという好材料を引っさげての参戦ですし、父ハーツクライはオークス・ダービー・安田記念と立て続けに大レースを勝ちまくっている脂の乗った種牡馬。追い風で帆がパンパン状態のように見えるのですが屈腱炎明けでG1を勝つのはものすごく珍しいですし、ホントに強いなら今まで少なくともG12勝はしてるはず。でも未だ未勝利。コッチは馬が引っかかります。

 3番人気はジェンティルドンナ。どうしてこの馬が1番人気じゃないのか不思議です。牝馬最強かつJC2勝の名牝なのに。コイツは切る理由がありません。
 ただ、3番人気とはいえ単勝4.5倍は少々安い。私は今日も単複しか買わないつもりなので買いませんが、連軸で馬券を買う人は押さえていた方がいいと思います。

 今年のレース展開なのですが、前が早くなると思うのです。逃げ馬はいるし有力3頭も前々で競馬するんじゃないかと予想しています。そんな時は、昔スイープトウショウが後ろからまとめて差しきったように後方死んだふりの馬にもチャンスがあるのではないかと欲が出てしまいました。

 なので本命は

 7枠9番 ヴェルデグリーン
 またまた田辺騎手。騎手は好調だし馬は2200Mのスペシャリスト。今の重めの阪神競馬場も父ジャングルポケットなら難なくこなせるはず。12頭立てで10番人気なのは今までの戦績から考えて当たり前だと思うのですが、そこまで弱い馬じゃない。

 単複500円

 春から始まった地獄のG1連戦も今日で終わり。せめて最期は穴をバシッと獲りたいです。
スポンサーサイト

函館SS 予想

      │:::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::
───┘:::∧_∧ . . . .: : : ::: : :: :::
     :::(,-‐、_,‐-、 . . . .: : : ::: : :: ::::::
     :::/ , :::::::::::: \ . . . .: : : ::: : :: :::
    :::/::::/ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::
    :::(_二 / おっさん      /::::
      :::l⌒/________/:::::::
   ::::::|| ̄i ̄||   | ::|   ::|| ::::::||:::::::::
   ::::::||:::_,| :::||   | ::|   ::::|| ::::::||:::::::::
   ::::::||(_,ノ||. (__)  ::::|| ::::::||:::::::::

 年を取ったなあと思うこと、ありませんか?
 例えば

 休日の朝に勝手に目が覚める
 座るときに無意識に「よっこらしょっと」と言っている
 走れば余裕で間に合う電車があったとしても、走るのが嫌だからのんびり歩いて次の電車に乗る
 ビールしか飲んでいないのに翌日強烈な二日酔い
 肉をたくさん食べれなくなる
 車の運転が慎重になる
 肩・腰が常に痛い
 風邪をひいたらなかなか治らない
 金もないのに人間ドックを受けたくなる。体の何処かが悪くなっているに違いないと思っている

 などなど。

 とりたくてとっているわけじゃないのに年はとる。気がつけば世間からおっさん呼ばわりされる年齢。某ニ○ニ○動画の蝉丸Pの「明けない夜はないように、沈まぬ太陽もない」という言葉に妙に感心してしまう。自然の摂理は何と残酷なものでしょう。

 え、何の話かって?先週の結果の話です。

 第31回 エプソムカップ

 ◎ ダノンヨーヨー (牡8歳。人間に換算するとアラフォー) 9番人気5着

 まずまずのスタートから内ラチべったりに付けて追走、直線は進路が開いたので内ラチから伸びる。ここまでは良かったのですが、かつてのダノンヨーヨーならズバッと切れてブッチギッていたであろう最高の騎乗だったのにジリジリとしか伸びない。で、ジリジリと伸びて掲示板。払戻金0円。

 かつての瞬発力はどこへやら、大外ブン回しでまとめて差しきったころのダノンヨーヨーを知っているので、ついつい自分と重ね合わせて「年をとったなあ」などと思ってしまうわけです。わたくしヒキヲタも瞬発力だけで今まで生きてきたようなものですから、加齢による衰えを痛感しておりまして余計にそう感じてしまいます。

 折角の休日に暗い話になってしまいましたね。申し訳ございません。私は毎日が日曜日ですが。

 さて、今日もG1はナシ。G3が函館と東京で行われます。
 もう北海道シリーズが始まっているのですね。今年は去年と違って今までのところ暑くて我慢できないと思った日が無いので(未だに冬布団。扇風機すら出していません)、驚いてしまいました。

 本日の予想は函館。殆ど何も考えずに気楽に予想しました。

 ◎ 4枠6番 フォーエバーマーク

 現在2番人気。いつもなら絶対買わない人気なのですが、1番人気のストレイトガール(ヴィクトリアマイルではお世話になりました)が1.6倍とオッズが集中しているため2番人気でも単勝6.8倍つきます。今年のオークスと同じようなオッズ構成ですね。まだ開幕2週目なのだから前有利。ついでにスプリントレース激走の法則の1つである「前走新潟直線1000Mショック」にも該当しています。

 単勝500円

 函館競馬場は空港がすぐそばにあります。芝生に寝っ転がっていると旅客機がギアダウン(着陸のタイヤを出す)する瞬間を真下から見ることができることがあります。
 また北海道に行きたいなあ。

エプソムカップ 予想

 オレの馬券が

     ┏┳┓      ┏┓    ┏━┓
┏━━┻┻╋┓    ┃┃    ┗━┛┏┓  ┏┳┳┓
┗┳  ┏━┫┃  ┏┛┗━┳━━━┫┃┏┛┗╋┫   ┏┓
  ┃┏┛  ┃┗┓┃┏━━┻━━┓┃┃┗┓┏┫┃   ┃┃
  ┃┗┓  ┃  ┃┃┃          ┃┃┃  ┃┃┃┃   ┃┃
  ┗┓┗━┫┃┗┫┗━━┓┏━┛┃┃┏┛┃┃┗┓ ┗┛
    ┗━━┻┻━┻━━━┛┗━━┻┛┗━┛┗━┛
                 / ̄丶/ ̄\
                 | /\/\ .  |
                 |├'' ''┐ ヽ. |
                 ┌┬┌┬ │|
             /` 、>|  ̄<;  ̄   S)
            < ヽ`>' ノヽ(∀)ヽ /
            `‐-'   \   /‐-,ヘ、
              \_ |`ヘ'i´| 'とニヽ}

 第64回 安田記念
1着 ジャスタウェイ    柴田善臣 1人
2着 グランプリボス    三浦皇成 16人
3着 ショウナンマイティ  北村宏司 10人
◎ ダノンシャーク 9番人気4着

 悔しい・・・

 先週ここで予想を書いた後、安田記念をパドックからじっくり見てたのですが、本命にしたダノンシャークのパドックがあまりにも素晴らしかった(馬体はピカピカ、馬は今すぐ走らせろとやる気満々)ので、倍額の単複1,000円突っ込みました。

 ゲートが開いてスタートも抜群。泥を被らない外目を先行。不良馬場だったので最後の直線はターフの抉れていないところからスパート。内田博幸騎手は本当に最高の騎乗をしてくれました。

 でも4着。グランプリボスがありえない手応えで突き抜けていき、ジャスタウェイがさらにありえない手応えで突き抜け、最後の最後に馬場の悪い内ラチ沿いからショウナンマイティが余計なことをしてくれたおかげで払戻し0円。ゴール前は「何も来んな!来んでええ!!もうそのままや!!!」と一生懸命お祈りしたのですが聞き入れてもらえませんでした。

 ジャスタウェイはさすが現役世界最強馬ですね。あれ、普通なら負けてましたよ。今は馬が心身とも最も充実してるのでしょう。ゴール板前で自分が先頭にいなければならないことを馬が分かっているのではないかと思います。

 そして今回のレース最大のサプライズがグランプリボス。確かに実績は上位でしたが、前走から7ヶ月の休み明け、しかもそれ以前もパッとしない成績で、乗り替わり。パドックも昔はむちゃくちゃカリカリしていたのに今回はおとなしいを通り超えてやる気ナッシング。買える理由が全くない馬なのにこの激走。厩舎陣営の仕上げの上手さに脱帽です。

 そして↓この男
              |\∧/|
              |_皇_|
             /      \
           /⌒    ⌒  \      
          / (●)  (●)   \   
         |    __´___       |    
         \   `ー'´     /
        ▽/ ̄       ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./    /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

 三浦皇成騎手。もう認めます。東京マイルならコイツは超一流であることを。
 NHKマイルで17番人気をハナ差2着、安田記念でも16番人気をハナ差2着。どちらも勝ちにいっての2着なので大いに価値があります。
 改装前の阪神マイルの武豊マジックと同じように、この男は東京マイルの他は誰も知らないポイントが見えているのでしょう。そうとしか考えられません。

 デビュー時は天才、その後落馬事故多発の原因となるラフプレーばかりして落ちぶれていましたが、何やかんやで騎乗数は多いので経験も積んで今再び目を覚ましつつあります。もう馬鹿にするのは止めます。

 さて、今週来週とG1はありません。今日は馬券を買わないでおこうと思ったのですが、出馬表を見ているとよく知っている馬が東京のエプソムカップに出走しているので応援馬券を買います。

 東京11R エプソムカップ
 ◎ 2枠3番 ダノンヨーヨー
 
 G1で何度も◎を打っては4着。そんなダノンヨーヨーも8歳。わたくしヒキヲタも年を取ったなあ。
 この馬、届くか届かないかはともかく最後は必ずいい脚で突っ込んでくる追い込み馬です。4年前の富士ステークス以来勝ち星がありませんが(ちなみに東日本大震災の前年。すごく昔のような印象がありませんか?)、とにかく毎回毎回後ろから来てはいるのです。

 単複500円

 ダノンヨーヨーもわたくしヒキヲタもロートルと言われる年齢となってしまいました。こんなおっさん達にもたまには日の目を見せてくれないかな・・・

安田記念 予想


        ,、
     _/' ̄'<        (.   /. ││
.     ´^┐  _/i、     (    /  ┘┘
      \、厶-「 ( ::::.            / ┘┘
          \ (:::     / /  __ __ /   ―__ノ  ―__ノ __/ /
           (( ::::  _/      __/.__/   __ノ   __ノ  __/
       ―==(   (
       __(:::::::: (        ,,、__         ,/;\
 _==二二二_(:::  (        ノ^'ー‐、〕   ))., / /,、/
  ̄        ̄(::: (( )     ゙ー-v、/  )    厂_,//
        //(:(:: )  : (( (   (  )   ∨` .r )
       /   (  (( :::( )   ((    ))    ̄  )
          / /(  ((:::::   (  ))    )  )
         .//   (  | : /:::  (    )  )
         /        .| ./
                  | ./
                 |/

 第81回 東京優駿
1着 ワンアンドオンリー 横山典弘 3人
2着 イスラボニータ    蛯名正義 1人
3着 マイネルフロスト 松岡正海 12人

◎ サウンズオブアース 11番人気11着
◎ トーセンスターダム 5番人気16着・最下位・ドベ・ベベタ・ムービーメーカー・最後に入線

競走中の出来事等
ウインフルブルーム号は,疾病〔左肩跛行〕のため出走取消。
エキマエ号は,競走中に疾病〔右寛跛行〕を発症したため4コーナーで競走中止。
ハギノハイブリッド号の騎手C.ウィリアムズは,最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告。
トーセンスターダム号は,最後の直線コースで急に内側に逃避したことについて平地調教再審査。

 酷すぎる・・・

 馬券を買った馬が掲示板にも載らないのはいつものことですが、自ら内ラチに激突しに行って内ラチをヴァンヴァンと撓ませつつ最後方に下がっていったのを見たのは初めてです。それも日本ダービーで、皇室御前競争で。

 騎手が悪いわけではないのは頭では理解しつつも言わずに入られません。

 「何やっとんねん武豊、騎手会長。皇太子殿下をお迎えした時に何かカッコええこと言うとったやないかいそれであのザマかよ」

 正直、4コーナーまでは「2頭とも3着以内はあり得る。ダブルゲットか?」などと甘い夢を見ていたのです。スロー寄りのペースで2番手と5番手に付けていた馬の単複を持っていたのですからそう考えるのも当たり前でしょう?

 それなのにサウンズオブアースの方は直線で伸びずに少しづつ下がっていき(でも、浜中騎手の騎乗はこちらの望んでいた通り内ラチべったりの先行だったので文句無しです。馬の力が足りませんでした)、それなら意表を突いた先行策に打って出たトーセンスターダムに望みを賭ける!と思った瞬間に逸走して内ラチにダイレクトアタック。

 ついでに人気馬を切るコーナーで散々叩いたお馬さんのワンツーフィニッシュ。わたくしヒキヲタのダービー終了。

 『ダービーにはじまりダービーに終わる』とは、競馬関係者における1年のサイクルを表した言葉なのですが、私はどう捉えたら良いのでしょう。

 良かったやんお笑いダービーからスタートやぞ今年も1年ハズレ馬券を買い続けて笑かしたるで

 と自虐的に捉えるか、

 良かったやん最後にお笑いダービーで笑いを取れて。今度からは運勢も替わるやろ気を取り直して頑張ろか

 とポジティブに捉えるか。

 まあ、今後もボチボチやります。どうぞお付き合い下さい。

 さて、本日は東京競馬場で安田記念が行われます。地獄のG1連戦最後の1戦です。

 今年は世界現役最強馬となってしまったジャスタウェイが出走。福永騎手が騎乗停止になっているので鞍上は何と柴田善臣相談役。それで現在単勝2倍丁度のぶっちぎり1番人気となっております。

 わたくしヒキヲタ、この馬について、2年前のダービーと毎日王冠で◎を打ったことがあり、結構付き合いは長いです。それで思うのですが、この馬マイラーじゃなくて中距離馬。しかも根幹距離(1200、1600、2000,2400)は苦手としている条件です。
 そりゃ去年の秋天は鮮やかな差しきり勝ちでしたが、あれはトウケイヘイローとジェンティルドンナ競り合いによるハイペースというこれ以上ないサポートがあったからです。そして心の友であるトウケイヘイローは本日出走していません。
 強いのは認めますが、海外帰り初戦で鞍上相談役で単勝2倍はあまりにリスキー。伝統芸炸裂(4着)の予感がビンビンします。本日は買いません。

 それ以外の馬なのですが、ブッチギリ1番人気の馬がいる割にはオッズが付いていないです。たしか去年もこんな感じで、まるでハンデ戦のようなオッズだったことを覚えています。ついでに去年もこのレースに出馬していた馬が6頭もいます。違うのは今日は多分重馬場もしくは不良馬場での競争になることくらいです。

 なので難しく考えずに、去年も買ったこの馬を今年も買います。

 ◎ 5枠9番 ダノンシャーク
 去年のこのレース3着かつ去年のマイルCS1番人気3着馬が何故か現在10番人気で単勝31倍。そういえば去年も12番人気でこれくらいのオッズでした。関東の人はダノンシャークが嫌いなのでしょうか。
 前走からの距離延長は嫌な材料ですが、鞍上はようやく復調してきたウチパクこと内田博幸騎手。馬場の悪い大レースで強いイメージがあります。また、調教は抜群に良かったみたいです。

 単複500円

 さあ、去年と同じく低評価をひっくり返しましょう!そして今度は先頭でゴールラインを切りましょう!!

日本ダービー 予想

 早速ですが先週の結果

 第75回 優駿牝馬(オークス)
1着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠 2人
2着 ハープスター   川田将雅 1人
3着 バウンスシャッセ 北村宏司 3人

◎ マーブルカテドラル 10人6着

 岩田大先生牡馬牝馬3冠完全制覇おめでとうございます。
 
 この偉大な記録の内、わたくしヒキヲタが馬券を獲らせてもらったのは2回だけなのですが、その2回の内の1回が、まだ園田所属だった2004年の菊花賞のデルタブルースでした。
 その時には、周りは「誰やねんこの騎手?」という反応をしていました。私も、園田の上手な騎手というくらいの知識しかありませんでした。
 
 それから10年。今や競馬をしている人ならだれでも知っている超一流騎手になりました。見事に騎手人生を切り開いてきたわけです。

 わたくしヒキヲタからすれば、何だか知り合いがすごく偉くなって遠い人になってしまった気もするのですが、それもまた嬉しいことです。本当におめでとうございます。

 で、馬券はハズレ。先週の予想で岩田大先生の牡馬牝馬3冠のことを書いておきながら全く関係のない馬を買っているのだから目も当てられません。あ、でも、マーブルカテドラルと田辺騎手は上手い競馬をしてくれましたよ。4コーナーで内ラチ沿いで先行集団に取り付いたあたりはかなり夢を見ましたから。やはり今年の田辺騎手は勢いがありますね。自信満々でレースしています。

 1番人気で2着に敗れてしまったハープスターは、あれやっぱり強いですよ。内側有利の今の東京芝コースで超大外ブン回しのデタラメすぎる競馬で連に絡んだのですから。競馬新聞のTMや予想家共が◎を裏切られたためレース後からやれ距離不安だの騎乗批判だのをおっ始めて噴飯してしまいましたが、皆さんそんな茶番に付き合ってはいけません。大事なことなのでもう一回言いいますが、ハープスターは強い。
 この馬の弱点は、ギアが最高速になるのが遅いということです。直線600Mある新潟や阪神外廻りでは届いて、直線500Mの東京で届かなかったことから考えるとそう結論づけざるを得ません。典型的なディープ産駒ですね。
 凱旋門賞に出走予定なのだそうですが、たしかロンシャンの直線は600M以上あったはず。3歳牝馬だから斤量は54.5Kなのでハープスターからすれば裸同然のハンデで走れます。今度こそ世界最高峰に届くんじゃないかと期待しています。

 さて本日は日本ダービー。ホースマンが憧れる最高の栄誉らしいのですが、馬券を買うわたくしヒキヲタからすれば見知らぬ馬だらけで何を買ったらいいのかよく分からないレースです。

 1番人気は皐月賞馬イスラボニータ、2番人気は皐月賞1番人気だったトゥザワールド、3番人気は皐月賞で最後方から猛然と4着まで突っ込んできたワンアンドオンリーとなっております。

 先程は見知らぬ馬だらけと言いましたが、この3頭なら皐月賞で見てました。なので、今週もやります人気馬を切るコーナー。

 イスラボニータ
 そもそも名前からしてダービーを勝つ馬じゃない。スペイン語で「かわいい娘」「美しいひと」という意味らしいのですが要するに小娘という意味でしょう。そんな名前の馬が皐月賞を勝っただけでも驚いたのですがさすがにダービーは勝ってほしくないです。
 また、血統も父フジキセキ、母父コジーン、母母父クラフティプロスペクターとなっており、2000Mでギリギリ、2400Mはちょっと無理という配合。多分この馬の生産時、クラシックじゃなくてマイル路線で活躍すればと考えていたはずです。
 買いません。

 トゥザワールド
 父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリーという超良血。でも、この馬も全兄のトゥザグローリーもそうなのですがとにかく気性が荒く入れ込みがきつい。ステゴ産駒の他馬に噛み付きに行くような荒さではなく、自分一人で勝手に燃え上がってバテているという感じがします。それだけでも買いたくないのですが、鞍上がリズムの狂い始めた川田騎手。一生懸命追ってくれるいいジョッキーなのですが、ダービーはまだ早い。
 コイツも買いません。

 ワンアンドオンリー
 実は皐月賞で怖いと思っていた一頭。名前が、好きだった昔のUKのポップスの曲名(チェズニーホークスという一発屋の名前を覚えている人いますか?)そのままだったので、どうしようかとチラッと考えたのですが、あの時はキングズオブザサンが絶対勝つと信じて疑っていなかったので結局買わず、直線で飛んできたのを見てびっくりした記憶があります。と同時に、コイツこんな競馬したからダービーは人気になるだろうなあ典型的な罠だよなあと考えたことも憶えています。
 追い込み馬にも色々いまして、ハープスターみたいに直線が長い方がいいのもいれば中山やローカル競馬場の直線の短い競馬場で追い込みを決める馬もいます。前者は6速ギア、後者は3速ギアの持ち主です。
 このワンアンドオンリーという馬、3速ギアの持ち主だと思います。「中山であれだけ追い込んでこれたのだから東京ではもっと来る」のではなく「中山だからあれだけ追い込んでこれたが、東京だと直線が長すぎてタレる」と考えています。
 びた一文買いません。

 では何を買うのか。まず血統は『ダービー馬はダービー馬から』という古い格言を未だに信じていますのでダービーを勝った種牡馬から。騎手は大舞台での経験の豊富な騎手。これらから考えると候補が2頭になりました。今日は競馬の祭典日本ダービー。2頭とも買います。

 1頭目は
 ◎ 8枠17番 トーセンスターダム
 現在5番人気で単勝9・4倍。鞍上が武豊なのであまり気乗りはしないのですが馬は強いと思っています。コイツが勝ったきさらぎ賞を見ていたのですが、1番人気だった逃げ馬バンドワゴンをきっちり差しきったのを見てディープ産駒の一流馬であることを確認しました。6速ギアの持ち主です。だから中山では届かなかったのであって、舞台が東京に替わる今回は大歓迎のはずです。

 2頭目は
 ◎ 1枠1番 サウンズオブアース
 現在10番人気で単勝63倍。ダービー馬ネオユニヴァース産駒で母父は長距離に強いディキシーランドバンド。鞍上は若手から中堅へと変わりつつある浜中俊。そして何よりダービーでは怖い怖い1枠1番。
 G1の出走経験はおろか重賞勝ち鞍さえ無い馬なのでこの人気も致し方ないのですが、新馬戦で福永騎手、その後しばらくMデムーロが手綱をとっていた経歴から考えると陣営は相当期待している馬。前走京都新聞杯2着に滑り込みダービー出走権を確保して、実は1発狙っているはずです。

 両馬とも単複500円

 遂に気温が30度を超えた今週、電気代確保のためにもせめてどちらか1頭、できれば両方とも来てください。

 
 
最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示