根岸ステークス 予想

 さっそくですが先週の結果

第33回 東海テレビ杯東海ステークス
1着 アスカノロマン 太宰啓介 4人
◎ イッシンドウタイ 丸山元気 6人7着

 丸山君、せっかくいいスタートしたんだからもっと前目に付けんかい。多分砂を被るのが嫌で後ろの方の外目を走らそうとしたのでしょうが、結局蓋をされて内目を走らされる羽目になり、最後のコーナーで内から一瞬伸びはしましたが、また外から被せられて戦意喪失して終了。レースは逃げた馬が2着、2番手を走っていた馬が1着という行った行った決着。時計もそんな大したことないタイムだったので、前目につけていたら馬券になってた可能性はあったはず。何ともチグハグな結果にがっくり。
 まあ、灯油の値段が爆下げしているので何とか購入できて、部屋で凍死する危険は回避できたのですけどね。

 勝ったアスカノロマンの太宰騎手、重賞勝ちは2012年のフミノイマージンの札幌記念以来だそうです。おめでとうございます。
 近年地味に活躍していたので、5年半も重賞を勝っていなかったのかと驚きました。有馬記念を勝った吉田隼人騎手同様、未だ若手騎手のイメージがあるのですが、昭和54年生まれなのでもうすぐ37歳の中堅騎手。時の経つはなんと早いことか・・・

 さて、今日は先週に懲りずに東京ダート1400Mの重賞である根岸ステークスの予想をします。
 このレース、過去10年で馬連3桁配当は2回しか無い、荒れやすいレース。そもそもこの時期にフェブラリーSへの出走権欲しさに何かが足りない馬が大挙出走するレースなんだから何があっても不思議じゃありません。

 現在1番人気は唯一の4歳馬モーニン。5戦4勝3着1回と馬券圏内を外したことのない馬で、周りの馬が全て薹が立ったオッサンオバサンばかりなので2倍台の人気も当然でしょう。
 でもいいのか?重賞でグリグリ1番人気の戸崎だぜ?F永と同じく一体これまで何度こういう馬を飛ばしてきたことか。なので当然コイツはパス。
 このレースは、何故か薹が立ったオッサンがよく来るレースで、過去10年で8歳馬が3回3着に来ていまして、その内2頭は超人気薄。今年は大挙5頭も8歳馬が出走しているのですが、意外なことに2頭はそれなりに人気になっており、あとの2頭もリスクの割には旨味がありません。
 という訳で、残りの1頭が今日の本命。
 ◎ 4枠7番 サトノタイガー
 □地の馬で現在ブービー人気の単勝134倍。でも、社台ファーム生産で父キンカメ、母父サンデーサイレンス。元々中央馬で芝のレースでOPまで出世して、地方に転厩してダートに活路を求めたらG1のJCBスプリント2着。これが1年半前のこと。その後調子を落としたみたいですが、どのレースでも着順ほど負けていません。みんな□地というだけでバッサリ切っているっぽいですが、中央の芝でOPにまでなった馬ですよ?

 単複500円

 先週の最強寒波が去り、いよいよスギ花粉に備えねばならない時期になってきました。鼻炎の薬代を稼がねば・・・
スポンサーサイト

東海ステークス 予想

゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
         ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜  。   。       ゜
゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
        ゜  。   。       ゜  ゜  。
  。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
    ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
   ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
      |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''""
. ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
 ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
  :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
  。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。

 メッチャ寒い・・・
 真冬なんだから当たり前ですが、それにしたって寒すぎる。
 本日(平成28年1月24日)の大阪の最低気温は-1.1℃、最高気温の予想も3℃。今しがた灯油を入れるためにベランダにでたら風も強く、寒いというより痛かったです。
 黒潮さんよぉ、夏はあれだけ本気で暑い空気運んでるんだから今も仕事しろよ。全然役に立ってねえじゃねえか。お陰で寒くて寒くて風邪ひいちまったじゃねえか。インフルエンザじゃなかったから良かったけど、内科で2時間も待たされたんだぞ?どうしてくれんだゴルア!

 お天道様に唾しても何もならないのは分かっているのですが、愚痴の1つも言わなきゃやってられないです。でも、この冷え込みが収まると遂にスギ花粉が・・・

 先週の結果

第63回 日経新春杯
1着 レーヴミストラル 川田将雅 2人
◎ シャドウダンサー 8人11着

 レーヴミストラル強かったですねえ。今の前残り馬場で4コーナー最後方から直線だけで11頭をゴボウ抜き。1頭だけ上がり33秒の脚で完勝でしたから。先週の予想の『凄い脚で突っ込んできて』までは当たっていたのですが、来ても3着までと思っていたので結果はハズレ。この馬やラブリーデイや3歳のリオンディーズなど、キンカメ産駒の牡馬は調子の良い時は本当に強い勝ち方をしますね。

 我が本命のシャドウダンサーはさほど見せ場なくブービー。好スタートから先行して内ラチを走っていた時はシメシメと思っていたのですが、後半になり周りの馬のペースが上がるとキツくなり、最後の直線で実況アナに1度だけ名前を言ってもらって終了。やはりハンデが見込まれすぎたようです。

 さて本日は中京のダートG2の東海ステークスを予想します。中山のAJCCはどの馬も負けそうなので(強いて挙げるならスズカデヴィアスくらいか?)パス。冬場はダートの方が当たる気がするのでコッチを選びました。

 舞台は1ヶ月半前のチャンピオンズカップと全く同じD1800M。その時本命にして4着に負けたロワジャルダンが現在2.7倍の1番人気。鞍上が横山息子なのにダントツの人気です。浜中騎手が騎乗予定だったのですが、今日の1Rで馬が外ラチに向かって逸走しラチに激突して落馬し、乗り替わりになってしまっているのです。波乱要素が増えたということです。
 
 中京D1800Mは、多分JRAのダートコースで最も疲労の激しいコース。キツい上り坂の途中からスタートし、コーナーを4回廻って最後にもう一度キツい上り坂を走らないといけない造りになっています。なので、他の競馬場とは違い、渋い血統がよく走るのです。

 それを踏まえて本命は
 ◎ 1枠2番 イッシンドウタイ
 いや、別に難しく考えたわけじゃなく、去年のチャンピオンズカップのサンビスタと同じスズカマンボ産駒が内枠に入ったから本命にしただけなんです。現在6番人気で単勝22倍。まあまあ旨味な配当と思うのですが・・・

 単複500円

 灯油の一斗缶が残り僅か。俺の本命いい加減来てくれ!でないと凍死しちまう!!

日経新春杯 予想


  __,冖__ ,、  __冖__   / //     ,. - ―-/丶
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /  _,.‐´:i, _/.... .......... ´´ヽi,
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /   ::::':        /'‐、;
  __,冖__ ,、   ,へ    7_// ::: ___ :/'゙'''''"、;;;;:"""|/'‐メ
 `,-. -、'ヽ'   く <´      /,ィ :::::\:'' _, .'"  ヽ,,__, i
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / :::   / _;;::-‐t-_  _;:-‐t, |
   n     「 |      /`. .`^.──イ   _i_,..._,.{_  i. |
   ll       || .,ヘ   /_/ ハ `l ./ i ____ _ノ   ヽ'._ノi ,|
   ll     ヽ二ノ __ { i ii:: ´ヽ,        ;゙!   ノ
   l|          _| ゙っ  ̄フソ       r'_二二''ァ/
   |l         (,・_,゙>/ { '          /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'       !     i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l      |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.     |,. -、,..:l .:l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l      i  i  i l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l    |    { l
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ   `''''ー‐‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \       ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー- ニ''
  o  o  o      ,へ l      :.         |

 先週の結果
 第50回 日刊スポーツ賞シンザン記念
1着 ロジクライ 浜中俊 8人
2着 ジュエラー M.デムーロ 2人
◎ シゲルノコギリザメ 太宰啓介 11人3着
複勝 12.4倍×500円=6,200円

 複勝12.4倍当たったやないかい何がチクショーなんだよ、と思われる方もいるでしょう。じゃあ何でチクショーしているか、その理由なのですが、先週、3日間開催で月曜も競馬が行われていて、日曜勝ったので調子に乗って月曜競馬に手を出してしまい勝ち分以上に負けてしまったからです。
 去年の秋に3日間開催で散々な目に遭ったのにそれを忘れてまた同じことを繰り返す。救いようのないアホです。キ○ガイです。

 まあ、シンザン記念は予想した馬が予想どおりの走りをして予想どおりの美味しいオッズを提供してくれたので良しとします。鞍上の太宰騎手、思い切りの良い騎乗がナイスでした。本当に京都芝は前が止まらないですね。

 さて本日は冬の京都の伝統のハンデ戦、日経新春杯の予想をします。
 とはいえ12頭立て、面子はショボい、ハンデもよくわからない課せられ方をされているので、中山の京成杯の予想にしようかとも思ったのですが、アッチもよくわからないので、まだ地元のレースの方が・・・というたいへん消極的な理由でコッチの予想にしました。なので全く自信がありません。

 このレース、普通に走れば1枠1番のレーヴミストラルのはずなんです。4歳馬だし、2400Mの重賞(青葉賞)を勝っているし、京都芝2400Mが超得意なキンカメ産駒だし。しかしこの馬、悲しいことに後ろからしか競馬ができない。上記の通り今の京都は前残り馬場。最後に凄い脚で突っ込んできて3着まで、というシナリオが容易に想像できてしまうのです。ちなみに2番人気。複勝のオッズは全く付きません。

 今日の予想の軸は先週に引き続き前に行く馬。距離延長など知ったことか。
 何でも中山金杯で新年初笑い(騎手を振り落として発走除外)を提供したベルーフが逃げ宣言してるらしいですが、京都芝でハービンジャー産駒を信じるほど私はマゾではありません。この種牡馬は上がり35秒台が許されるような馬場状態でないと走らず、京都はそれを許さないからです。例え逃げ馬であっても然りです。

 で、他にどの馬が前に行くのか。それが全然分かりません。ホンマにやる気あるんかおまえら?と思うほどのらりくらりな馬ばかり。なので、先週味を占めた『前走からの距離延長で前にいってしまうであろう馬』を本命にします。

 ◎ 4枠4番 シャドウダンサー
 父ホワイトマズル、母はG1馬ダンスインザムードという、血統は一流の馬。ただし、去年の春に1600万条件を勝った後、4歳馬だったので降級して、その後1000万条件で負けている馬、つまり実績は2流以下の格下なのです。格上げ挑戦というやつです。なのにハンデが54K。普通なら51Kのはずなのに。このハンデを見て予想が嫌になったのですが、まあそれだけ可能性があるとハンディキャッパーに見込まれた、と前向きに考えることにしました。
 前走は新潟の芝2000Mで中段侭でレースを終えたのですが、新潟芝はJRAの全10場で最も早い時計の出るコース。上がり31秒台なんて新潟でしか見れません。そんな超高速馬場から、本日ののらりくらり面子への転戦。何かしてくれないでしょうか。

 単複500円

 また余談なのですが、今日はセンター試験の2日目。朝刊に昨日のセンター試験の問題と回答が載ってました。試しに世界史Bを解いて採点したら57点。衰えたなあと悲しくなりました。

シンザン記念 予想


    ∧,,∧
    .(=´ω`)
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"

 成人式、ねぇ・・・
 おじさんが成人式を迎えた頃は、まだ1月15日が成人の日で、当時は今のように少子高齢化で若者がチヤホヤされる環境ではなく、メチャクチャ多い対象者を市民会館にスシ詰めしての式典だったことを覚えています。また、1浪2浪は当たり前の時代だったので、入試(センター試験や私大入試)と日にちが被り、数少ない友人が参加しておらず、1人ポツンとつっ立っていました。碌な思い出じゃないな。
 という訳で、このブログを読んでいる人にこんな若い人などいないとは思うのですが、もしいたとして、『晴れの成人式なのに俺は一体どうしてこんな状況に・・・』なんて自虐的になっている人がいれば、そんなこと気にするな、と言ってあげたいです。周りは周り、自分は自分。たまたま今そんな状況なだけであって、その内嫌でも世間様と関わらないといけなくなりますよ、嫌でも。

 ああ、言ってることが年寄り臭え・・・

 火曜日の結果

 第54回 スポーツニッポン賞京都金杯
 1着 ウインプリメーラ 川田将雅 3人
 2着 テイエムタイホー  浜中俊 13人
 ◎ タガノエスプレッソ 菱田裕二 9人8着

 我が本命の菱田君、先行するでもなく差すでもなく、中段につけてそのまま流して終了。正直言ってどこを走っていたのか分かりませんでした。つまらん。まあ、1番人気で出遅れて4角最後方だったT・Yさん(10着)の馬券を買ってた人に比べたらマシか。
 今年も金杯で完敗。うん、例年どおりだ。

 さて本日は火曜と同じく京都芝1600Mの重賞であるシンザン記念の予想をします。
 火曜の京都芝は徹頭徹尾前残り。金杯だって道中4番手と6番手の馬の馬で決まりましたから。また、意外と距離延長の馬でも持ってしまうようで、阪神や中京と比べて馬場状態が軽いのでしょう。何となく夏の小倉のイメージでした。

 今日人気しているのは前走からの距離短縮と、前走と同距離の馬ばかり。しかも新馬や未勝利を勝った馬が上位を形成。距離延長組は尽く不人気です。まあ法則上当然なんですけどね。
 
 という訳で、火曜の結果とオッズを踏まえて、狙うのは距離延長の馬。その中で、どうしてこんなに人気が無いのだろうという馬が

 ◎ 7枠14番 シゲルノコギリザメ
 メンバー中2頭しかいない2勝馬の内の1頭なのに現在単勝11番人気の35倍。まあ、ダ1200で未勝利を勝ち、続く芝1200の500万下を人気薄で勝った馬なのでこんなものでしょうけど。
 でも、ダ→芝で好走した馬って、たまにもう一発があるのです(芝→ダのもう一発はホントによくある)。また、父スーパーホーネット(渋い)、母父タイキブリザード(渋すぎる)って、どっちも現役時代は芝のマイラーだったじゃないですか。血統だけ見たらどうしてダートを走らせていたのか疑問に思います。
 さらに、前走芝1200で先行抜け出しての勝利だったので、1600に延長されても前に行ってしまうはず。普通はそれで息切れしてしまうのですが、今の京都は止まらない。

 単複500円

 余談ですが、今年のマイダービー候補が火曜に決まりました。1月5日の6Rのメイクデビュー京都で勝ったグレイトパールという馬です。この馬強いですよ。530Kもある巨漢なので、怪我なく5月29日を迎えて欲しいものです。

京都金杯 予想

           〈〈〈〈ヽ
           〈⊃  》
     ,,,r'' ゙~~` ''ヽ ミ   ミ
    、'' γ゙゙゙゙゙三゙゙゙ミミ  ミ
   ミ  ミ  ● ● ミ  ミ
   ミ   ミ   oo  ミ ミ  あけおめ
  彡   ,ゞ  ll ヽ 彡゙
  彡 __ ゝ,__===ノ
 巛__)    ミ
  ミ       ミ゙
  ミ  彡ミ  ミ゙
  ミ 彡  ミ  ゞ
  (_)   (  \
        \_,)

 みなさまあけましておめでとうございます。
 年もあけて既に4日、平成28年、西暦だと2016年になりました。
 我々が若かりし頃はノストラダムスの大予言で1999年に恐怖の大王が来て世界が滅ぶと実しやかに言われていたのですが、それを越えること17年、実に平穏な天候で正月が過ぎて行きました。一体あれって何だったのでしょうね。

 お正月は何かしましたか?わたくしヒキヲタは例年どおり近所の神社に初詣に1人で行って、終わり。実に有意義な正月でした。
 
 ・・・ここ嗤うとこだよ?嗤ってくれないと逆に傷つくんだけど・・・

 先週の結果
第60回 有馬記念
1着 ゴールドアクター  吉田隼人 8人
 ◎ ワンアンドオンリー 10人9着
 ダービーで勝った馬って、そこで完全に終わる馬(コイツやキズナなど)と、その後も鬼神のごとく勝ちまくる馬が極端に分かれますよね。終わった馬はやっぱり終わった馬でした。見せ場らしきものすら全く無し。相変わらず有馬は相性が悪い。
 勝ったゴールドアクター、またまたスクリーンヒーロー産駒でした。最後に突っ込んできた神に愛されしジョッキーMデムーロ騎乗のネオユニヴァース産駒サウンズオブアースをクビ差抑えるあたり、祖父のグラスワンダーがスペシャルウィークをハナ差凌ぎ切った1999年の有馬記念の再現でしたね。
 意外だったのは、鞍上の吉田隼人騎手はこれが初G1だったこと。兄の吉田豊と違い運もハデさも無いですが、騎乗技術は弟のほうが上だと思っていたので、「え、今の今までG1勝ってなかったの?」と驚きました。
 勝利ジョッキーインタビューで「長く続けていればいいこともあるんですね」などとロートルのおっちゃん泣かせの良いコメントをしていましたが、何だかまだ若手騎手のイメージがあるんだけどなあ・・・

 さて、今日は平日にもかかわらず競馬が行われる年に1度の金杯です。去年はラブイズブーシェをド本命にして大撃沈しましたが、今年こそは金杯でなんたらといきたいところです。

 予想するのは今年は京都。何故なら追いかけている騎手がこっちで騎乗するからです。という訳で本命は

 ◎ 8枠15番 タガノエスプレッソ
 はじめに申し上げておきますが、この馬の血統、母父キンカメはともかくその母父トニービン、その母父ヌレイエフとズブいズブい母系。トドメに父がブラックタイドときたもんだ。この父、2015年の種牡馬リーディングで18位となり、2015年初頭の種付け料100万円という安馬扱いだった馬がまさかの20位以内と大爆発。G1馬も出ました。
 でも、この馬、基本は「ズブズブのスタミナ消耗レースで真価を発揮する」産駒ばかりなので、どう考えても京都芝1600Mのマイル戦の超絶切れ味勝負には向かないのです。
 
 では何故本命にするか。それは鞍上菱田裕二がそろそろ何かしでかすと考えているからです。
 お手馬だったラストインパクトがJCでR・ムーアで2着、戻ってきた有馬記念では9番人気で12着の惨敗。『菱田にG1は無理』などとボロカスに叩かれてましたが、腕はあるんですよ。無いのは経験と運と空気を読む能力なんですよ。若手のくせに岩田大先生の真似してイン突きをする事が多く、たまにハマるんです。

 で、有馬で悪印象をみんなに植え付けたところで、空気を読まずズドン!をしてはくれないかと考えての本命です。

 単複500円

 ところで、上記AAを見て『○田やないかwww』と思った人、先生怒らないから手を挙げなさい。
最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示