高松宮記念 予想

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

 遂に恐怖のG14連戦が始まってしまいます。

 お金無いのに。当たってないのに。

 ていうか誰だよ大阪杯をG1にしたヤツおかしいだろこの時期クラシックあるし春天や東京G1連戦あるし。高松宮記念がG1というのにすら未だに違和感があるんだよ(ちなみに1200のG1になったのが21年前で、1回目の勝者はフラワーパークで鞍上田原成貴)。G1にするなら夏の札幌記念の方だったんじゃないか?

 とブツクサ言ったところで決まったものは仕方がないし、じゃあ買わなきゃええやんと言われても買ってしまうのが馬券中毒者。救いようがないと思います。

 予想の前に、先週の結果
第65回 阪神大賞典
1着 サトノダイヤモンド  C.ルメール 3:02.6 1人
2着 シュヴァルグラン  福永祐一 2人
3着 トーセンバジル  四位洋文 5人
◎ スピリッツミノル  幸英明 8人5着

 サトノダイヤモンド強いなあ。明らかに道中掛かってたし、ロスしまくりの大外ブン廻しだったのに完勝。時計も超優秀。2,3着も人気どころで決まり、3連単が7.4倍。
 わたくしヒキヲタ本命のスピリッツミノルは5着。先行するも前がガリガリやり合うと見るや内ラチでじっとする方を選び、コーナーもずっと内ラチ沿いを走り、直線も前が開くまで我慢。幸騎手の騎乗は完璧でした。これで負けるのならしょうがないです。このメンツでいい勝負ができたのだから、多分夏の北海道の2600MのOP特別は楽勝でしょう。でも、ちょこっと春天に出てほしいなあ、と思ったりもします。

 さて本日の高松宮記念。JRAのTVCMは大阪杯ばっかりで何だかハブられてますが、出走馬を見たらそれも何だか納得のショボい組み合わせ。去年のスプリンターズステークスを勝ったレッドファルクス、3年前のスプリンターズステークス(新潟)を勝ったスノードラゴン、2年前の桜花賞を勝ったレッツゴードンキとG1勝ち馬は3頭いますが、どいつもこいつも買いたくない材料を持つ馬です(レッドファルクスは前走香港でボロ負けからの調子落ち、スノードラゴンは9歳(旧表記だと10歳!)、レッツゴードンキはエ○トの死神ヒ○シの本命)。

 このレース、去年こそバクシンオー産駒のビッグアーサーが造られたコンクリ馬場により好時計で勝ちましたが、基本的に時計云々よりスタミナ勝負みたいなところがあります。随分昔ですが、マサラッキという馬が勝ったのですがその父はマグニテュードでミホノブルボンと同じ。当時はダンジグやヌレイエフ直子がまだ走っていたのですが、そいつらを負かせたのがこのミルリーフ系の馬でした。

 なので、今日は懐古厨となり、今をときめくサンデー系やミスプロ系を敢えて外します。すると5頭まで絞れます。その内の1頭のスノードラゴンは↑の理由で外し、小雨で力の必要な馬場で1:08秒台で決着してくれるとした場合で、オッズが最も美味しいのが

 ◎ 5枠10番 クリスマス
 「3月でクリスマスかよwww」「鞍上藤岡兄www」「どう見ても洋芝専用機www」と嗤われるのもごもっともですが、この馬、5勝中4勝は北海道で、残りの1つが中京1200なんです。また、血統的にも父バゴはビッグウィークだったりタガノアガザルだったりと、どこで大穴を開けるかわからない血統で、しかも上記マグニチュードと同じくナスルーラ系。母父ステイゴールドから多少の渋った馬場なら却って歓迎なはず。6歳牝馬ではありますがまだ16戦しか走っておらず、新馬のときの馬体重が418K→前走が460Kと、確実に強くなってはいるのです。G1出走は3年前のオークス以来ですが、得意の1200Mで一発カマしてはくれないでしょうか。

 単複500円

 「菊の季節にサクラが満開!」はかつての杉本清アナの名実況ですが、「サクラの季節にクリスマス!」という実況を大いに期待します。
スポンサーサイト

阪神大賞典 予想

早速ですが先週の結果
第35回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス
1着 トーセンビクトリー   武豊 5人
2着 マジックタイム  C.ルメール 1人
◎ クインズミラーグロ 蛯名正義 7人3着

 複勝3.2倍×500円

 内から伸びてきて3着に来てはくれました。なので複勝は当たったのですが、例によってESP(蛯名スペシャル。最内枠の蛯名は高確率で出遅れする)が炸裂。ほんのちょこっとだけだったのですが、アレがなければもっと前で競馬できたはずで、元々先行マクリの競馬スタイルであるクインズミラーグロ、勝てたんじゃないかと思います。何か納得いきません。

 まあ、お金は返ってきたので最低限良しとしなければならないのでしょうが、来週からのG14連戦に向けて資金を増やしておきたかったのに・・・

 さて本日は、伝統のG2阪神大賞典の予想をします。

 1番人気はもちろん去年の菊花賞、有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドで単勝1.1倍。8戦6勝2着1回(ダービー)3着1回(皐月賞)と、今まで複勝圏を外したことのない名馬なので当然のオッズだと思います。シュヴァルグラン(2番人気)くらいしか相手にならないメンツですし。

 しかし、サトノダイヤモンドという馬、阪神でのパフォーマンスは京都に比べるとあまり良くないのです。神戸新聞杯ではミッキーロケットにクビ差まで詰め寄られています。
 また、菊花賞を勝った馬なのですが、やっぱり血統は3000Mを走る馬ではない気がします。どうして大阪杯でなくこちらを選んだのかよく分かりません。

 ところで、前の年に菊花賞・有馬記念を勝ち単勝1倍台の支持を受けた馬。5年前にも同じようなことがあったのを憶えておられますか?2011年の3冠と有馬記念制したオルフェーヴルが正にこれだったのですが、伝説の逸走をして2着。勝ったのはハーツクライ産駒のギュスターヴクライ。単勝13.4倍でした。
 この2頭はどちらも明らかなステイヤー血統。それに対してサトノダイヤモンドは中距離血統(母系がダンジグ×サザンヘイロー)。付け入る隙は大アリだと思うのです。

 じゃあ何が付け入るか。普通に考えたら去年のこのレースの勝ち馬シュヴァルグランなのでしょうが、阪神大賞典を連覇するような馬(ちなみにゴールドシップが3連覇)には見えないのです。

 なので、世間様が考えているような、サトノダイヤモンド ー シュヴァルグラン ー その他 ではなく、その他の1頭が波乱を呼び勝ち切ると期待します。その1頭が

 ◎ 1枠1番  スピリッツミノル
 たしか去年のこの時期の阪神の芝OPで本命にして7着だった記憶があるのですが、一応3歳時に阪神の芝OPを勝ったことがあり、去年の降級後に1600万をまた勝っている、れっきとしたOP馬。父ディープスカイはNHKマイルとダービーの勝ち馬なのに、産駒は何故かズブいダート馬かズブいステイヤーばかり。スピリッツミノルは母父ラムタラなのでさらにズブさが増しましです。
 なので元々逃げ馬だったのに最近は中距離で後ろからしか行けなくなっていますが、今日は3000M。久しぶりに前に行ってはくれないでしょうか。

 単複500円

 毎年毎年この時期は花粉症が辛いです。今日なんてせっかく外は暖かそうなのに、スギ花粉のせいで家から出られません。この鬱憤をなにとぞ、なにとぞ。

中山牝馬ステークス 予想

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   -━-  -━-  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

 まあそろそろ来るんじゃないかと危惧してはいたんですよね。ディープ産駒。
先週の結果
報知杯弥生賞
1着 カデナ  福永祐一 1人
2着 マイスタイル  横山典弘 8人
3着 ダンビュライト  C.ルメール 5人
4着 ベストアプローチ  戸崎圭太 7人

 1着のカデナは父ディープインパクトに母父フレンチデピュティ。去年のマカヒキと同じくディープとフレンチのニックス配合。レースも内枠有利な馬場のはずなのに外を廻してあっという間に突き抜けるという強い勝ち方。朝日杯フューチュリティステークスのサトノアレス、共同通信杯のスワーヴリチャードと同じく一瞬の脚で突き抜ける有力馬が皐月賞で人気になる模様です。

 で、去年勝ったのは当時伏兵扱いだったディーマジェスティ。ロングスパートで超ハイペースを差し切りました。

 まだ皐月賞まで1ヶ月ほどありますが、前哨戦を勝った器用な馬ではなく、不器用な先行馬(サニーブライアンヴィクトリーなど)やエンジンの掛かりは遅いが点火したら粉砕喝采する暴力的な末脚の追い込み馬(前述のディーマジェスティやゴールドシップなど)を探すつもりです。

 肝心の馬券の方は5頭BOXの内2頭が3,4着。負けは負けなんですが、4着だったベストアプローチ、もう少し前で競馬してたら皐月賞の出走権利を得ることができたんじゃないかと思うのです。5戦1勝馬で重賞は3着までなのでほぼ間違いなく本賞金が足りずに出走できないと思うのですが、何かの間違いで皐月賞に出てきてくれれば・・・と密かに願っています。怪しんですよねえ。

 さて本日は中山1800Mの古馬牝馬の重賞の中山牝馬ステークスの予想をします。

 予想とは言いましたが、お世話になった馬が良い条件を得た割には人気薄なので、それを買います。
 
 ◎ 1枠1番 クインズミラーグロ
 2走前のカウントダウンステークス、有馬記念の後に行われた阪神2000Mの1600万条件戦だったのですが、当時10番人気で勝利。単勝29倍だったのですが持ってたんです、単複。いつものように朝から有馬記念までボロ負け、意識朦朧としてヤケクソで買ったらホントに来たのです。助かりました。
 元々は3歳時にOPを勝って秋華賞に出走していた馬。力はあるのですが何故かあまり人気にならない馬。前走愛知杯も3着に来てるのに何故か単勝7番人気の14倍。

 単複500円

 怖いのは鞍上がエビショーに変わって最内枠ということ。ESP(蛯名スペシャル。最内枠の蛯名は高確率で大出遅れする)が炸裂したら馬券は1秒で終わるのですが、まともに出たら中山1800Mなんだから1番有利な枠。上手に騎乗しろとは言いませんから、せめて普通に乗って下さいお願いします。

弥生賞 予想

        ____
      //   \\
     / (○)  (○) \
   /   ⌒(__人__)⌒  \
.   |.      |   |       |
   \      |__|     /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


 もう少しで馬連46倍が的中だったのに・・・
先週の結果
第91回 中山記念
1着 ネオリアリズム  M.デムーロ 3人
2着 サクラアンプルール  横山典弘 8人
3着 ロゴタイプ  田辺裕信 7人

 馬連で1着3着・・・
 何が悔しいって、1番人気も2番人気もディープ産駒というだけでバッサリ切るという考え方は合っていたのに、最後の最後に買っていない人気薄のノリに差されてしまったということ。終わってみれば馬連万馬券。獲れない馬券じゃなかったのに・・・

 どうも今年はディープ産駒は受難の年らしく、全然重賞を勝っていません。元々中山や阪神内廻りでは取りこぼすことが多いですが、1月2月の京都、2月の東京でも勝っていないのは意外です。まあ4月になれば勝ちまくるようになるのでしょうが、現時点では人気で飛んでくれるパターンばかり。今日も飛んで下さい。

 という訳で今日の弥生賞の予想をします。
 コスモオオゾラの単複を的中させたのが6年も前。もうそんなに経ったんだ。それ以降このレースは3年連続で外し、去年は阪神のOP特別の方を予想して外してます。久しぶりに当てたいぞ。

 今日も馬連5頭BOXで勝負。内から順に

ベストアプローチ  現在7番人気。1枠1番の戸崎騎手。サドラー系の父系なのでオペラハウス産駒みたいな走りを期待。

テーオーフォルテ  現在9番人気。本日の爆弾馬。1戦1勝馬で重賞未勝利の城戸騎手。でも、父ハービンジャーは2年連続で同条件の京成杯の勝ち馬を輩出するも今年はダメ。ここでアッといわせるか。

グローブシアター  現在4番人気。リオンディーズの全弟が4番人気。鞍上川田騎手も最近ヘグリまくっているので、そろそろいいところをみせたいはず。

ダンビュライト  現在6番人気。ルーラーシップ産駒で鞍上ルメール。押さえない理由が無い。

コマノインパルス  現在3番人気。↑に書いた京成杯の今年の勝ち馬。父バゴはかつて菊花賞を勝ったビッグウィークの父。強い時はとことん強い父系。

 以上5頭の馬連BOX×100円

 今年から大阪杯がG1になり、3月26日の高松宮記念から4月16日の皐月賞までいきなりG14連戦。資金がほしい・・・
最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示