安田記念 予想

              ―‐ 、
         /    .:ヽ
       /       .:.:.:.:,
       |     .:.:.:.:.:.:.:}
       \  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
       /  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      (_  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      | i !     .:.:.:.:.:.!
      (__ゝ ____,_ノ
          :::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::
                   :::::::::::::::::::::


 終わってみれば2番人気3番人気1番人気決着・・・
第84回 東京優駿
1着 レイデオロ  C.ルメール 2人
2着 スワーヴリチャード  四位洋文 3人
3着 アドミラブル  M.デムーロ 1人

 ちなみにわたくしヒキヲタのBOX馬券の結果は
 スワーヴリチャード 2着
 アルアイン 5着
 ベストアプローチ 9着
 カデナ 11着
 クリンチャー 13着
 ダイワキャグニー 14着

 掲示板に載ったのが2頭だけ。そりゃ当たりませんわ。
 で、今年のダービー、横山典弘鞍上の超人気薄マイスタイル(14番人気)が逃げて最初の1000Mが63.2という超ドスローな展開。結果その人気薄が際どい4着に粘ったのですから、いかに前残りの展開だったか、ということです。勝ったレイデオロは向こう正面で一気に2番手まで上がっていきましたが、普通ならあんなことすればダービーじゃなくても最後は止まります。それが止まらなかったのだから4コーナーまでみんな歩いて最後の直線だけヨーイドンのレースだったということです。
 
 何を言いたいかですって?13着だったクリンチャーの鞍上藤岡佑介、オマエ逃げるんじゃなかったのか?逃げないなら逃げないで、アンタしょっちゅう途中でレース壊しに来るでしょう?今回のルメールみたいにさあ。どうしていつもやってることをしないんだ?それをしてれば結果は全然違っていたぞ!ええ加減にせい!!

 という訳で、春の東京G1連戦も全く当たらず最終戦の安田記念まで来てしまいました。
 今年は外れ方が酷い(惜しいと言うものが全く無く、全部無抵抗で負け。まるで9連敗中の我が巨人軍みたいだ・・・)ので、
もう自信喪失してます。

 それに追い討ちをかけるような混戦メンバー。善戦マシーンであるイスラボニータが1番人気って何だよ。おかしいじゃないか。もうわけがわからないよ。

 なので、何も考えずに実績だけで本命にするのが

 ◎ 6枠12番 ビューティーオンリー
 今年もやって来た香港勢の内の1頭。てっきり鞍上モレイラのコンテントメントの方が人気になると思っていたのにこちらの方が人気(とはいえ単勝16倍の9番人気)。流石にみなさん去年の暮の香港マイルの勝ち馬を忘れてはくれなかった模様。
 買う理由も↑の通り。ロゴタイプ、サトノアラジン、ネオリアリズムを相手にしなかった香港マイルが強かった。それに、今年の東京の血統トレンドであるノーザンダンサー系かつサンデー系を有していない2頭の内の1頭(もう一頭も当然香港馬。日本勢16頭は全馬どこかにサンデーが入っています)。
 初の日本なので戸惑うこともあるかもしれませんが、ここの調教師さん、わざわざモーリスがいないことを確認して登録したらしいです。モーリス以外には負けない自信があるのでしょう。

 単複500円

 自棄のやん八で外国馬に逃げる予想。もう重症を通り越して危篤です・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示