キタサンブラックの単勝期待値(CBC賞予想)

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. ‘´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /” \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―–―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . ‘::. :’ |::/   /   ,. ”
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'”
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |   ど ん な も ん じ ゃ い      │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

 第58回 宝塚記念
◎ サトノクラウン 3人1着
単勝1000円×9倍=9,000円

単勝1.4倍の圧倒的1番人気キタサンブラック 9着

 Mデムーロってホント凄いわ。単勝1点勝負していたわたくしヒキヲタから見ても過剰人気だなあと思っていた馬をアッサリ勝たせるのですから。今回のデムーロマジックはいろんな媒体で褒めちぎられているので改めて解説はしませんが、日本国内の競馬では他の誰も真似出来ないことをここ一番でやってくれるのですから。

 また、サトノクラウンも強かった。パドックでは前を歩いていたとある馬に対し、『絶対に敗けん。頃してやる』と言わんばかりの気合をバリバリ放出してましたし、返し馬はもう草食動物ではなく肉食獣の走り方に見えました。

 今回の宝塚記念、仮に良馬場で100回同じ条件で走らせたとしても、90回はサトノクラウンが勝ってたでしょう。それで単勝9倍も付いたのだから有り難いと思うべきなのでしょうね。

 で、↑で書いた、パドックでサトノクラウンの前を歩いていたのがキタサンブラック。わたくしヒキヲタがこの馬を好きになれないのは、いつでもテンションが高く、パドックはツル首で前足カチャカチャ。返し馬でも上を向いて走るようにステイヤーにあるまじき気性と走りをしていたからです。それでG15勝もされたのだからやってられませんでした。

 ただ、宝塚記念に関しては、妙に行儀がいいというか、普通の馬のパドックだったのです。歴史的名馬でなおかつ550Kの大型馬なので見栄えはよく、予想家共がこぞってべた褒めしてましたが、ずっと逆らってきたわたしから見ると『あれ?これホンマにキタサンブラック??』と見えました。
 ほら、よくあるじゃないですか。野球ファンで応援しているチームは期待という余計なファクターが混じってしまう分現状を正しく判断できないが、アンチ球団に関してはそんな邪念が混じらないので冷静沈着で正しい分析ができてしまうというやつ。あれと同じです。

 ここで選択肢が発生しました。『5歳になり気性が完成、走り以外に無駄な力を使わなくなった』という解釈と『疲れて覇気が無くなった』という解釈です。世間の人の88%(たしかキタサンブラックの宝塚記念の人気投票がこの数字だった)は前者と捉えたのでしょう。でも結果は後者でした。

 これでキタサンブラックという馬の走りの根源が判明したと思います。この馬、身体能力や先行脚質(それはそれで凄いのですけどね)ではなく、気性で走る馬です。燃え盛る闘争心で勝ち続けてきたのです。

 さてここから表題のテーマ考察です。

 まず、レースの前、パドックの時点で気合が入っているかいないか、この2分の1の抽選をクリアする必要があります。
 気合がなければそこで終わりです。
 次に、気合が入っているとして、レースで本当に勝てるか否かという抽選が発生します。次に出走するのはおそらく今秋、5歳馬の後半。3歳クラシックを3つとも使い、4歳5歳前半も走り続けた550Kの大型馬。寄る年波、下の世代からの突き上げ・・・それでも強い馬なのは確かなので、ここも2分の1としておきましょう。

 2分の1×2分の1=4分の1
 
 つまり、単勝が4倍、これが今後のキタサンブラックの単勝期待値です(なんてガバガバな計算・・・)
 でも、今まで勝ってきたG1の単勝は、菊花賞が13.4倍、1回目の春天が4.5倍、ジャパンカップが3.8倍、大阪杯が2.4倍、2回めの春天が2.2倍。足して5で割ったら5.26倍となり、世間様が考えているであろう期待値より、わたくしヒキヲタが計算した単勝期待値の方に近い数字になります。

 この秋、G1で、もしキタサンブラックの単勝が4倍を越えることがあれば、わたくしヒキヲタ、単勝勝負するかもしれません。

 今週からは夏競馬。張る金額も押さえます。だって中京福島なんて全然わからないんだもん。

 予想するのは中京のCBC賞。夏の中京1200Mのハンデ戦ですが、イメージと裏腹にここ5年は意外と荒れていません。1番人気はよく飛んでますが、2桁人気が連に絡んだこともありません。馬連万馬券は去年の110倍だけ。

 また、先週単勝1点勝負の快感に目覚めてしまったので、あまり無茶な理由付けをせずに適度に美味しいオッズの馬の単勝を今回も買ってみようと思います。

 その馬が

◎ 7枠13番 エイシンスパルタン
 鞍上藤岡兄は不安なのですが、14回走って6勝というのは立派な数字。また、他の有力馬が京都などの直線平坦なコースに良績が集中しているのに対し、こちらは東京や阪神の坂コースに良績があります。血統は全く知らない(一応父はアンブライドルド系、母父はシーキングザゴールド系のアメリカン血統っぽいです)のですが、まあ大丈夫でしょう。

 単勝200円

 ああ、今年の前半戦G1、最後に勝てて良かった・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示