天皇賞(秋) 予想



               -― ̄ ̄ ` ―--  _          
          , ´  ......... . .   ,    ~  ̄" ー  _
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、    そんな 時代も あったねと
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ  いつか 話せる 日が 来るわ
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く     あんな 時代も あったねと
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ    きっと 笑って 話せるわ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: : ●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" __ , --‐一~ ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄

 第78回 菊花賞
1着 キセキ  M.デムーロ  3:18.9 1人
2着 クリンチャー  藤岡佑介  10人
3着 ポポカテペトル  和田竜二  13人

◎その1 ダンビュライト  武豊 4人5着
◎その2 アダムバローズ  池添謙一 17人17着

 いくら突っ込んでたと思いますか?特にダンビュライト。パドック、返し馬とも抜群だったので、動悸がするほど買いましたよ。

 結果はご覧の有様。母系から切った2頭(1番人気のキセキと13番人気!のポポカテペトル)のワンスリー。貧血で頭がくらくらして倒れそうになりました。

 ただし、今回は武豊騎手も池添謙一騎手もそれぞれ望み通りの騎乗をしてくれての結果。仕方ありません。

 そもそも勝ち時計3:18.9というのは1946年の第7回菊花賞以来の遅い決着。ちなみに戦前の第1回、第3回、第5回は今回より速い時計だったので、21世紀になって久しい今回、史上5番目に遅い勝ち時計。当日だけで133mmの雨が降ったというのも記録じゃないでしょうか。

 なお、考え方は意外と合っていたのです。『超不良馬場』と『新世代の長距離砲種牡馬の登場』。ダンビュライトとキセキの父がルーラーシップ。去年2歳がデビューしたバリバリの新種牡馬ですが、重賞初勝利が何と3歳牡馬クラシック最終戦かつ史上最悪の不良馬場で行われた淀の3000Mの菊花賞。俺はどうしてデムーロの方を信じられなかった(1番人気でも、単勝は4.5倍)。これでデムーロは牡馬3冠を制覇。ルメールと共に物凄い勢いでG1を獲りまくっています。すごいよなあ。

 さてすっかり気落ちした本日、どういうわけかまた台風接近中(今年の台風は全部土日に日本に接近)の中で行われる秋の天皇賞を予想します。

 東京の馬場は不良。今週から仮柵を使ったBコースを使用しますですが、先週も不良馬場でみんなグチャグチャの内ラチを嫌って外を走っていたので多分どこもかしこもグチャグチャだと思います。もしかしたらエイシンヒカリよろしく外ラチ一気なんていうシーンを拝めるかもしれません。

 出走馬はG1馬8頭を含むフルゲート18頭。1番人気は社台スタリオンにスタッドインが決まったキタサンブラック。現役最後のシーズンの初戦です。
 
 宝塚記念の回顧でも書きましたが、この馬はパドックを見ないと判断できません。ただ、雨は多分ダメです。何故なら今年、去年の宝塚記念がどちらも稍重だったのですが、人気より下の着順にしか来ていないからです。

 じゃあ今年の宝塚記念で単勝1点で獲らせてもらったサトノクラウン(2番人気)か、と言われるとそれも違う気がする。力の要る馬場に強いのは間違いないのですが、日本の不良馬場は力云々というより水掻きが得意か否かを問われる条件だと思うのです。欧州ではこんな馬場で競馬はしません。みんな出走を取り消します(欧州は雨だから走るの止める、が認められる)。骨の髄まで欧州血統のこの馬、不良馬場では?なんですよねえ。

 ↑と同じ理由が3番人気のソウルスターリングにも該当。

 ああ、また変な理由付けて1~3番人気まで切っちまった・・・

 出走馬18頭の内、不良馬場を走った経験のあるのがただ1頭(ディサイファ)なのですが、流石に8歳馬はちょっと・・・

 なので、この中でただ1頭、重馬場で重賞を勝ったことのある馬が今日の本命。

◎ 3枠5番 ヤマカツエース
 3歳時のNZTを稍重で、同じ年の福島記念を重馬場で勝ったことのあるキンカメ産駒。去年の有馬記念で勝負が終わった頃に物凄い脚で追い込んできて4着。ここ2走は本日と同じ2000Mで3.3着とじれったい成績ですが、そのじれったさがこの雨で解消する可能性が大きいです。
 また、デビュー時の馬体重が476Kで、前走の馬体重がが508K。3年かけて30K以上も筋肉を付けてきた晩成の馬です。そんな苦労人が雨に濡れた菊の楯を授かる、ドラマじゃないですか。

 単勝1,000円

 先週に引き続き池添騎手が本命。ルメールデムーロばかりで決まっているG1戦線、アッと言わせるのは君しかいない!!
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示