FC2ブログ

チャンピオンズカップ 予想

早速ですが先週の結果

第37回 ジャパンカップ
1着 シュヴァルグラン  H.ボウマン 5人
2着 レイデオロ  C.ルメール 2人
3着 キタサンブラック  武豊 1人

◎ ソウルスターリング C.デムーロ 4人7着

 キタサンブラックがキタサンブラックの競馬をして普通に負けるのを初めて見ました。普段なら最後の直線でシュヴァルグランが並んだ時にもうひと伸びする、前に前に出ようとするのですが、今回はほぼ無抵抗で差されました。

 予想で書いたように、キタサンブラックの大目標は有馬記念のはずなので今回は仕上げていなかったという見方もできますが、それにしたって負け方が悪いような・・・

 私の本命?鞍上とケンカして掛かって7着でしたが何か?

 さて本日は、今年最も難解なレースとなったチャンピオンズカップ(旧JCダート)を予想します。

 1番人気はクロフネ産駒初のダートの大物と謳われるテイエムジンソクですが単勝5.3倍。最低人気が前走シリウスステークスを勝利しているメイショウスミトモで単勝92倍。トライアルを勝っているのに最低人気とはこれいかに。

 競馬の血統の格言に『死んだ種牡馬の子は走る』というのがあります。サンデーやアグネスタキオン、近年だとフジキセキが死んだ後、最後の大物うんたらかんたらとよく言われたでしょう?
 今年出走するメンバーの内、それに該当するのは何と6頭もいます(内3頭が父ゴールドアリュール、2頭がカネヒキリ、1頭がトワイニング)。中にはコパノリッキーみたいな大物もいますが、コパノは毎年毎年このレースはコケるんだよなあ。

 なのでそれ以外で考えると、まずは距離適性。今年出走するゴールドアリュール産駒は皆マイルまでの馬。トワイニング産駒のノンコノユメもそう。すると残るのはカネヒキリ産駒の2頭だけとなります。

 人気になっているロンドンタウンは海外遠征帰りなので軽視。なので

◎ 2枠3番 ミツバ
単勝12番人気ながら33倍。重賞は地方しか勝ったこと無いのに。ただ、2000M超で成績を残してきている(祖母ゴールデンジャックの影響?)ことから、タフい中京ダートでも最後に伸びてはくれるはず。鞍上も今年のクラシック皐月賞を勝った松山騎手です。

 単勝500円

 とてもしょうもないことなのですが、3番にミツバなんです。これってサインじゃないんですかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示