FC2ブログ

きさらぎ賞 予想


   〃⌒⌒ヽ
   イ ノ⌒ソヽヾ 乃
 _ j∬-●3●)∬//
( ミ×~~"¬―~ハ/Cヘ
 \/∥=†=) 三~/
   ////ノヽ(__゚)
   (((((リ))))
   / / │|
   (_/ (_ヽ

 突然ですが、みなさんイングヴェイ・マルムスティーンっていうギタリストをご存知ですか?1980年台から活動しているスウェーデンのミュージシャンです。
 近年では『インギー豚』だの『光速のブタ野郎』だの『豚貴族』だの散々な言われ方をしていますが、32ビートのギターを弾けたのは(多分)歴史上彼だけだと思います。
 北欧のメロディアックなラインのメタルサウンド、私は好きなんです。

 何でいきなりイングヴェイの話をしているか、ですって?予想に関係しているのですよ。

先週の結果
第32回 根岸ステークス
1着 ノンコノユメ  内田博幸 1:21.5 レコード 6人
2着 サンライズノヴァ  戸崎圭太 ハナ 1人
◎ ノボバカラ 北村宏司 7人10着

 ノンコノユメがウチパク渾身の追いで2年3ヶ月ぶりの勝利。オマケにレコード勝ち。金玉をちょん切った(せん馬になった)時にはこの馬もう終わりだと言われ、私もそう思ったのですが、そんな浅はかな考えをあざ笑うかのような勝利。死んだ種牡馬の仔は走る(父トワイニングは2015年死亡)ってちょっと前にこのブログで自分で書いたのに忘れてました。アホですね。

 わたくしヒキヲタの本命は10着。先行馬のはずが中段待機の時点で嫌な予感はしていましたが結果そのまま終了。多分ペースが速すぎてついて行けなかったのだと思います。もう中央場所では通用しないっぽいですが、人気が落ちた後の地方交流重賞でまた何かやらかす、そんな気はします。

 さて本日は京都の芝1800M、クラシック登竜門きさらぎ賞を予想します。

 京都芝1800Mはディープ産駒の庭。本日も出馬10頭中4頭がディープ産駒。1~3番人気もそれ。当然といえば当然です。
 しかし、ディープ産駒、冬は苦手なのです。いや私が適当なことを言っているのではなく、社台スタリオンステーションの方が『寒い時期と暑い時期は少し得意でないきがする・・・』とおっしゃっているのです。それでも勝たれることが多々ありますが。

 なので狙うはディープ産駒以外の馬。その中で走る理由はあるのに最も人気の無い馬が

 ◎ 1枠1番 スラッシュメタル

 はい上記のインギーの出番です。スウェディッシュスラッシュメタルの代表格が満を持して出走。あれ、インギーが競馬場で走るの?豚から馬にクラスチェンジしたの??
 という茶番はさておき、『ノーザンファーム生産』、『馬主が吉田勝己さん』、『前走2000Mからの距離短縮』と走る理由はちゃんとあるのに10頭中9番人気の単勝60倍。
 まあ当然といえば当然で、父ワークフォース(英ダービー、凱旋門賞)は産駒があまりに走らなかったためヨーロッパに売却。鞍上中谷雄太騎手は騎手人生20年で重賞未勝利。2走前に同じ舞台(京都2歳S)でM.デムーロを鞍上としたのに1.6秒差の8着と買えない理由もてんこ盛り。

 でも、だからこそ来たらデカイ。

 単複100円

 実はわたくし、今年になって1本も的中馬券を手にしたことがありません。でも、穴狙いは止めない。止めないぞ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示