FC2ブログ

高松宮記念 予想

先週の結果

第66回 阪神大賞典
1着 レインボーライン  岩田康誠 3人
2着 サトノクロニクル  川田将雅 4人
3着 クリンチャー  武豊 1人

 先週の予想で、『クリンチャーは単勝2倍に支持されるような馬ではないです』、『出走馬の中で一番長距離適性があるのは多分レインボーライン』としました。おお、我ながら完璧な予想ではないか。

◎ トミケンスラーヴァ 8人10着

 予想の方向性が完璧でも、全然違う馬の馬券買ってりゃそりゃ負けるわな・・・何やってんねんオレ・・・
 まあ我が本命も頑張りましたよ。先行して見せ場はあったし、3000Mの持ち時計を1.6秒も縮めたのだから。でもブービー。ハズレ。連敗がここまで続くと悔しいとすら感じなくなってきます。精神状態があぶないなあ。

 さて今回は春のG1第1弾(ていう割には今だ寒いんですが)、高松宮記念の予想をします。

 1番人気はスプリンターズステークスを連覇した、ダート血統から出た異色のスプリンターのレッドファルクスで単勝2.7倍。しかもご丁寧にレッドで赤枠に入りました。鞍上もG1仕事人Mデムーロ。この人気も当たり前です。
 意外なことに、レッドファルクス、初めて単勝が3倍を割りました。今の今まで1番人気は何回もありましたがずっと単勝3倍以上だったのです。知らなかったでしょう?私も競馬まとめサイトを見て知りました。

 ダート血統で追い込み一辺倒の脚質だから何となく当てにしづらいという先入観があったのでしょう。そしてようやく正当な評価を得た、というところでしょう。

 だがしかし、1200Mの追い込み馬なんていつなんとき前が壁になるか分かりません。ましてやフルゲートの18頭の内枠で絶対にマークされる立場、中京は直線は長いものの小回りのコース、デムーロは周りが進路を譲ってくれる騎手ではないなど不安要素もあるのです。こじつけですが。

 ただ、↑の通り中京は直線は長い(400M以上ある)ので大外ブン回しからの最後方一気が最も決まりやすいスプリントの舞台でもあります。

 なので狙うはマークされていない追い込み馬。

 ◎ 8枠16番 シャイニングレイ

 おお、スプリントレースでディープ産駒を本命にする日が来ようとは・・・
 買える理由は中京実績、1400Mでも勝てるスタミナ、そして何より腕はピカイチなのにあまりに運の無い騎手である北村友一君に巡ってきたG1奪取の機会であること。

 単複200円

 もう御託は列べません。北村友、G1ジョッキーになるんだ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示