FC2ブログ

日本ダービー 予想


                ∩∩
         ∧_∧  /  ・\
        ( ´∀`)/   へ、_)
         |   ニ⊃ /
        (_  (    )
        /   \\  ノ〉〉
      /     し / 'J     __
-=ニ三三ニ=     )/|      /  /|
      〉〉ー―'〉〉 | |      | ̄ ̄|  |
      J    .J | |      | [] |  |
          ,.-― | |ー-.、   |\100|  |
         (   ~'   )  . |__|/
          ヾ===="

 今年もやってまいりましたダービーデイ。
 普段は競馬に興味のない人でもダービーと有馬記念だけは知っているというくらい知名度の高いレース。
 そして個人的には今まで本命が来たことが1度もないという悲しいレースです。

 馬券的にはただの3歳OPなんだからスルーしてもいいとすら思っているのですが、いや本当に4歳上ダート短距離のほうが予想は楽しいし当たるのですが、競馬をしている人間の1人として予想しないわけにはいかないのかなあ・・・

 先週の結果
第79回 優駿牝馬(オークス)
1着 アーモンドアイ  C.ルメール 1人
2着 リリーノーブル  川田将雅 4人
◎ ラッキーライラック  石橋脩 2人3着

 ほらな偶に本命サイドの単勝なんか買うとこないなるねん。いや石橋脩君は上手いこと騎乗したと思うよ?でも逆神ヒキヲタの単勝指名のせいでハンデ+10K、直線は3着死守が精一杯。泣きたなるで。

 これで2冠牝馬となったアーモンドアイ、最後方からと思いきや中段。しかも引っかかってました。それを見たときは『よしゃあ飛んだ!』と息巻いたのですがなんのことはない、そのまま直線抜け出して2馬身差の好タイムで完勝。また1頭名牝が誕生しました。イメージはジェンティルドンナともろかぶり。同じような活躍が見込めるんじゃないですか?

 さて先週の愚痴はここまでにして今日の予想。
 久々にやります『人気馬を切る』コーナー。

 1番人気 ダノンプレミアム 切り
 年明け2戦目でダービーを勝ったのは去年のレイデオロが初めて。しかもレイデオロは厳しいレースとなった皐月賞(5着)だったのに対しダノンプレミアムはぬるいレースだった弥生賞。約3ヶ月ぶり、挫跖明けのぶっつけ本番で勝てるとは思えません。

 2番人気 ブラストワンピース 切り
 毎日杯から直行でダービーを勝った馬は(多分)いません。じゃあ歴史を塗り替えるような名馬かもしれませんが、それはレース後でないと分かりません。ハイリスク・ローリターンの典型的パターンではないでしょうか。

 3番人気 キタノコマンドール 超怖いけど切り
 新馬→すみれSは昔のフサイチコンコルドど同じパターン。しかも間に皐月賞(5着)を挟んでG1を経験しているのも好材料。しかもデムーロだ。切る理由?今年馬主デビューしたばかりのDMMがいきなりダービーを獲るとは思えないからです。

 4番人気 ワグネリアン 切り
 2歳時はダービー最有力候補でしたが、弥生賞でボロを出し、皐月賞でそれが膨らみ、トドメに大外の奇数枠。この馬は騎手が乗り代わったら勝負。

 5番人気 エポカドーロ 怖いけど切り
 唯一2冠の可能性のある皐月賞馬が何故か5番人気(単勝10倍)。美味しいオッズだとは思いますし、クラシック1冠を穫ったという実績を軽んじてはいけないのは重々承知しています。でも、この馬の母ダイワパッション、昔々馬券でお世話になったことがありしばらく追いかけていた記憶があるのですが、芝の早熟スプリンターだったんだよなあ。その仔が2400Mを勝つとは思えない・・・

 ああ、1~5番人気まで全部切ってしまった。
 先週の反省から狙うのは当然穴馬。「え、どうしてこんなに人気が下がったの?」という馬が今回は複数存在するのですが、ここ10年のダービーの傾向と今年のG1戦線の流れを考慮するとこうなりました。

 ◎ 5枠9番 オウケンムーン
 現在単勝13番人気の87倍。でも、5戦3勝東京では負けたことがないという左回り巧者。共同通信杯を勝っているれっきとした重賞ウィナー。ここ10年のダービーの傾向と今年のG1戦線の流れというのが、全部違う騎手が勝っているということなんです。そうすると鞍上の北村 宏司騎手はダービーに勝ったことは無いし今年のG1も勝っていない。東京のG1はヴィクトリアマイルで勝っているし、クラシックだって菊花賞をキタサンブラックで勝っています。他の騎手と比べても格負けはしてません。
 前走の皐月賞で12着惨敗はたしかにマイナス要素ですが、9年前のロジユニヴァースは皐月賞14着から巻き返して勝っていますので切る理由にはなりません。

 単複500円

 かつて日本競馬を席巻したトニービン系ももはや風前の灯火。そんな中に現れた突然変異の本馬。しかも実はノーザンファーム生産というれっきとした社台グループの一員。実は社台はトニービン系の復活を目論んでいる?などという楽しい妄想から本命にしました。
 北村 宏司君、悔いの無い騎乗を!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示