FC2ブログ

スプリンターズステークス 予想

動画 ペニーワイズは台風時の外出をやめさせたいようです(初出ニコ動)

【登場人物紹介】
ペニーワイズ  排水口の中にひきこもっているピエロ姿のおっさん。引きこもりだが、台風ではしゃぐジョージィを諭す慈愛の人
ジョージィ  台風到来でテンション上がりまくりのやんちゃ坊主。毒舌。



 明日の外出は控えるように。3週間前に台風の恐ろしさを身をもって体験したので。マジでこわいよ。うちでも風速40mあったし。時速にすると144km。高速道路でかっ飛ばしている車を躱せますか?ましてや空中を舞っている物体を。無理に決まってんだろ。

 JRAも明日の阪神開催は月曜順延を早々と決めたし、交通機関も運転見合せ。明日外出してもいいことなんて何もないよ。そんなことより家にある災害対策用品、特にブルーシートなど屋根の応急処置に使えるものがないか(ブルーシートが無いならレジャーシートでもいい)頑張って思い出しておきましょう。

 あと、今回の台風24号の真後ろで発生した25号君、そういう3番煎じいらないから。

 先週の結果
第66回 神戸新聞杯
1着 ワグネリアン  藤岡康太 +10  2人
2着 エタリオウ  M.デムーロ +14  3人
3着 メイショウテッコン  松山弘平 +14  6人
◎ タイムフライヤー  和田竜二 +2  8人6着
1番人気  エポカドーロ  戸崎圭太  -4  4着

 きちんと来ない理由を考え抜いてバッサリ切った馬のワンツー。このレースダービー馬が強いなあ。あと、調教ではずっと藤岡康太騎手が騎乗していたってはじめて聞いたんですが。そういうのはもっと早く言ってほしかったです。まあ、知ってたところで切ってましたが。

 前走から+2桁馬体を増やした馬のワンツースリー。翻ってわたくしヒキヲタの本命タイムフライヤーは+たったの2K。1番人気で馬券外になったエポカドーロはマイナス体重(まあこの馬はスタートで落馬寸前の躓きをしてたのでこの着順なんでしょうが・・・)。3歳クラシック前の休み明けトライアルレースがいかに馬体重に影響されるかを端的に表した結果です。

 ただし希望もあります。本命のタイムフライヤー、内々を走っていたのはいいのですが直線でも最内。今の阪神、最内は全く伸びない馬場だし、さらにその外から馬体重530K(その差80K!)のビッグスモーキーにずっと寄られ続けていたのにクビ差先着。字面ほど悪い内容ではなかったのです。菊花賞はさらに人気を落とすだろうからまた狙える!

 さて今回は秋のG1初戦スプリンターズステークス。中山も雨が降っているみたいなので良馬場は望み薄。水分をたっぷり含んだ力の要る馬場でのズブズブの我慢比べ大会、そう、函館1200M芝のようなレースになるんじゃないかと考えています。

 このレースで有名なのは『サクラバクシンオー産駒は勝てない』。ついに1頭の勝ち馬も出ませんでした。でも今日はバクシンオー産駒はいません。でも、その伝統を受け継いだであろう種牡馬の産駒が大量出走しています。その種牡馬の名はアドマイヤムーン。高松宮記念の勝ち馬は2頭(セイウンコウセイとファインニードル。どちらも出走予定)輩出してるのに、スプリンターズステークスでは5年前にハクサンムーンが2着に来ただけ。しかもこの馬は純然たる逃げ馬でした。
 このジンクス、続くと読んでいます。
 なお、同じことがダイワメジャー産駒にも言えます。サクラバクシンオーの後継ショウナンカンプも含めると、有力どころ6頭を切ることができてしまいます。あと、乗り替わりの成績も悲惨そのものなんだとか。

 『血統のジンクスに縛られない』『継続騎乗』『力の要る馬場での我慢比べ大会』に該当する馬、私が見たところ1頭しかいません。

 ◎ 3枠6番 ダイメイプリンセス
 この夏に覚醒した暴走特急の5歳牝馬。新潟直線1000Mを差し切り勝ち、続く北九州記念でも1:06秒台の自己ベストを叩き出して2着。おそらく今が最も充実している期間。その馬が単勝11番人気。旬の秋刀魚並に美味しいオッズ。

 単勝500円

 父ダンシングブレーヴ、母グッバイヘイローという超良血で現役時代は常に人気を背負っていたキングヘイローも24歳。今後大物が出る確率は限りなく低いです。これが産駒の最後のG1勝利になるかもしれません。ダイメイプリンセスには是非勝っていただき、ダンシングブレーヴ系未だ健在であることを知らしめてもらいましょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
でもいいよな、仕事があって・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示